シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

子連れ再婚で後悔した人、幸せになった人の決定的な違い

子連れ再婚ってどうなの?

幸せになった人と後悔した人の違いが知りたい!

子供を抱えて離婚したものの、新しいパートナーに巡り会い、子連れ再婚で幸せになった人はたくさんいます。

一方で、今度こそはと再婚したのにも関わらず失敗してしまい、再離婚する人も少なくありません。そうなると自分だけではなく、子供も傷つくことになってしまいますね。そのようなことにならないためにも、子連れ再婚をして後悔した人と幸せになった人の違いをチェックしておきましょう。

子連れ再婚で後悔した人と幸せになった人の違いって?

再婚前に子供と過ごした時間

シングルマザー

想像しやすいと思いますが、子供と再婚相手の関係が上手くいかないことは、子連れ再婚を後悔することになった理由として一番多いパターン。一方で子供と再婚相手がいい関係を築けている場合は、ほとんどの人が幸せだと感じているようです。

人間関係の問題なので難しいところではありますが、一つのポイントとして、再婚前に子供との時間をどれだけ過ごしたかが分かれ目になるようです。

再婚前にあまり一緒に過ごすことがなかった場合、突然やって来た再婚相手に対して子供はどうしても不信感を抱いてしまいます。再婚相手からしても、よく知らない子供との生活はやりにくいことでいっぱいでしょう。

誰でもいきなり親にはなれませんが、再婚前から子供と過ごす時間をできるだけ多く設けることで、血の繋がりはなくても、少しずつ親の気分になっていくものです。

  • 子供が幼い場合は「一緒に遊ぶ」「抱っこする」などのスキンシップを多く取ることで早く馴染む
  • 子供が思春期の場合は、様子を見ながら少しずつ距離を縮めていく

いずれにせよ、これから家族になろうと考えるのであれば、子供との時間は大切にすべきです。

再婚によって子供が受けたストレスにどう対処するか

子ども、シングルマザー

親が再婚したことで子供がストレスを抱え、精神的に不安定になるケースは多々あります。さらに、そのことが原因で家庭環境がめちゃくちゃになってしまうことも。

  • 名前が変わった
  • 引っ越しした
  • 幼稚園や保育園、学校が変わった
  • 実の親に会えなくなった
  • 新しい親と馴染めない
  • 大人の事情を知ってしまった

このような点で、子供はストレスを抱えてしまいます。

特に注意したいのは思春期の子供ですが、例え赤ちゃんであっても、環境の変化に多少のストレスは感じるものです。親が再婚した際に子供がストレスを感じてしまうのは仕方のないことでもありますが、大切なのは、子供に対してどこまでのケアができるかです。

両親ともに真正面から向き合い問題を解決できたなら、家族みんなで幸せになれるでしょう。逆に、子供がいつまでもストレスを抱えたままになってしまうと、再婚したことを後悔することになります。

子供の笑顔を守ることが一番だという事を忘れないようにしましょう。

生活感や金銭感覚を把握しているか

子ども、シングルマザー、親子

これは初婚でも言えることですが、生活感や金銭感覚の相違はトラブルの元。特に子連れ再婚の場合は、子供のリズムに合わせた生活が要されます。

お互いがストレスに感じることのないように、結婚前にチェックしておきたいポイントの例を紹介します。

再婚前チェック項目

  • 家族全員の起床、就寝、食事の時間
  • 子供のスケジュール
  • 掃除のやり方や頻度、気になるポイント等
  • 休日の過ごし方
  • お酒の飲み方

週末だけでも構わないのでできれば同棲をして、子供がいる生活がどんなものなのか、再婚相手に確認してもらうのが望ましいでしょう。どうしても子供と同じリズムで生活することが難しい場合は、個別の部屋を用意するなどの気遣いができるといいですね。

また、子連れ再婚の場合、子供にかかるお金が発生します。自分達だけではない分、金銭的な問題はより深刻です。

  • 月々いくら必要か
  • 成人するまでにいくら必要か

など具体的な金額をしっかりと伝えておきましょう。習い事などに関しても十分に話し合って決めることが大切です。

「子連れなのに結婚してくれた」と思わない!言いたいことを言い合えるか

家族

「子連れなのに結婚してくれたから」「本当の親じゃないから」などとお互いに気を使い、言いたいことを言い合えず夫婦の間に距離が生まれる。これは、子連れ再婚に多いケースです。

「結婚は我慢が必要」と言うように、もちろん多少の我慢も大切です。しかし、言いたいことも言い合えないのはどうでしょう?仮面夫婦になりたいですか?

自分の気持ちや意見を素直に伝えることができなくては、夫婦の間にすれ違いが生じてしまいます。すると次第に生活は息苦しいものになり、必然的に再婚を後悔することになるでしょう。

子連れ再婚に後悔しないためにも、本音で語り合える相手と結婚し、定期的に話し合う機会を作り、お互いを尊重しながら言いたいことも言い合える素敵な夫婦関係を築いていきましょう。

再婚のタイミング

子ども、シングルマザー

結婚はタイミングが大切だと言いますが、子連れ再婚の場合は特に気をつけるべきです。タイミングを誤ってしまうと、のちに後悔することになるかもしれません。

子連れ再婚の場合、2人の幸せだけではなく、子供はもちろん、お互いの親も含めた家族全員で幸せになることを考える必要があります。

そのため、子供と再婚相手の良好な関係が構築されていないのであれば、再婚のタイミングをずらさなければいけません。また、子連れ再婚で周囲(相手の親など)に反対されることはよくあることですが、無理に押し切っての結婚はタブー。納得してもらえないまま再婚してしまうと、子供が嫌な思いをすることになる可能性もあります。

子連れ再婚で幸せになりたいのであれば、再婚前に家族としての交流を十分に深め、ちょうどいいタイミングを見極めることが大切です。何でも「最初」が肝心ですよ。

子供と再婚相手のフォローができるか

お花見する家族

子連れ再婚をした場合、子供と再婚相手の気持ちは分かるようで分からないものです。血の繋がりのない親子が一つ屋根の下で同居することは簡単なことではありません。どれだけ仲が良くても、子供も再婚相手も常に複雑な気持ちは抱えているものです。

そんな時、気持ちを理解することができないとしても、心に寄り添うことはできますね。子供も再婚相手もあなたにとっては大切な存在ですから、あなたが支えなくてはいけません。

しっかりとフォローできるかできないかは、今後の家族関係にも影響してきます。人の気持ちを理解することは難しいですが、子供に対しても、再婚相手に対しても、「私はいつでもあなたの味方だよ」という態度で接してあげることで何か変わってくるかもしれません。

子連れ再婚で後悔しないためには

結局はこれに尽きる!「子連れ再婚」であることを気にしすぎないで

子連れ再婚したことを後悔している人に多いのが、子連れ再婚であることを特別視しすぎて、些細な問題を大きくしてしまっているパターン。

色々と気になることはあるかと思いますが、普通の実父実母の家庭でも何かと問題は起こるものです。時間が解決してくれることもあるので、ゆったりと構えましょう。子供を第一に考えることが大切ですが、子供にばかりに気を取られずパートナーとの絆も深めていくことも忘れないようにしてくださいね。

The post 子連れ再婚で後悔した人、幸せになった人の決定的な違い appeared first on まりおねっと.