シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

婚活スタイルは人それぞれ!今どきの婚活スタイルと婚活ウケする服装

1:婚活スタイルとは?

婚活のやり方・スタイルは人それぞれですが、有料の婚活サービスを利用する、というのも、忙しい現代の男女にとっては選択肢のひとつ。

そんな効率よく婚活したいと考えている男女に人気のサービスのひとつに、その名もズバリ「婚活Style」というものがあります。こちらは、都内近郊や関東の婚活パーティーに強く、かゆいところに手が届くサービスが充実していることで有名。

希望の条件からの絞り込みや、マッチング&ピックアップをしてくれるサービスがある婚活サービスは多いですが、会いたくない人と会わないようにするノーバッティングサービスや、参加したパーティーで出会ったもう一度会いたいと思った人に約束を取り、再度会えるようにセッティングしてくれるサービスなどがユニークです。

また、結婚できるマインドをはぐくむ自己改革や恋愛スキルアップなどをサポートしてくれる結婚アシストサービスなどもあります。

こうした便利なサービスを使って、集中して婚活をおこなうのも、性格によっては合うでしょう!

 

2:バスツアーがいい?それともパーティー?婚活スタイルのそれぞれのメリット5つ

現代の婚活スタイルには、どんなものがあるのでしょうか? それぞれのメリットをまとめてみました。

(1)婚活バスツアー

ハピネスツアー」をはじめ、数社が運営していて、最近増えているのが「婚活バスツアー」。バス旅行を楽しみながら出会いも期待できるというもので、目的地やプランにもよりますが、朝の9時に集合し、解散は19時といったスケジュールが多いようです。

緊張しがちなパーティよりも気負わずに、普段通りの会話がしやすかったり、旅を介することによって、相手の人柄や価値観、考え方などがわかりやすいというのがメリット。また、物理的に時間も長く設定されているため、シャイな人でも会話のチャンスが多いというのも嬉しいポイントです。

(2)婚活パーティー

婚活パーティーのメリットは、一度に大勢の人との出会いが叶うこと。うまく時間を使えば、一度の参加で、何人とも連絡先を交換することもできます。また、婚活パーティーは身分証明書を提示しなければならないところも多く、そういったところを利用すれば、相手の身元に対しても、安心できるというのもポイントですね。

(3)マッチングアプリ

マッチングアプリでの婚活のメリットは、利用人数が多く、条件検索から理想の相手を探し出せるということ。また、女性であれば利用料金が無料の場合も多いというのもポイント。

詳細なプロフィールや顔写真などを見てからやりとりが始められるので、人見知りの人も会話が苦手な人も会話の内容に詰まるということも少なめ。さらに、相手のことを段階を踏んで知るという手間も省けます。

(4)友人の紹介

友人の紹介というのも、古くからある婚活スタイル。メリットとしては、相手がどんな人なのかという素性がはっきりしていることと、自分の性格を知った上で、会いそうな人を探してくれるということ。紹介してくれた人が信頼できる人であればあるほど、良い人を紹介してもらえる可能性が高まります。

共通の話題やどんな人なのか事前情報を得ることもできますし、親近感も湧きやすいでしょう。

(5)合コン

合コンは婚活としてはどうなの……と近年では言われていますが、それでもまだまだ合コンから生まれたカップルは少なくないでしょう。

合コンのメリットは、とにかく手軽だということ。メンツさえ揃えられれば、会社帰りにサクッとできます。また、親しい友達や知り合いの前でどんなふうに振る舞うのかが見えるため、集団の中での行動や発言などによって人となりがよくわかるということも。

その合コンが不発でも、その中の人脈から新たな合コンの可能性を広げられるという点も見逃せません。わらしべ長者的に出会う相手のステータスが上がるというケースも多いです。

 

3:カジュアルな婚活の服装ポイント3つ

婚活に適した女性の服装とは、どんなものなのでしょうか? カジュアルな服装のポイントをまとめてみました。

(1)スカートなら…

この投稿をInstagramで見る

 

ROPÉさん(@rope_jp)がシェアした投稿

カジュアル=ラフではありません。なのでカジュアルな服装であっても、食事系の婚活の場合には、スカートがベター。ワンピースだとエレガントになりすぎなので、トップスとふんわりスカートの組み合わせがおすすめです。トップスは、ほどよくタイトなニットなどを合わせて、ごちゃごちゃしすぎないシンプルさを意識して。

季節を問わずカジュアルながらきちんとした印象を与えることできるでしょう。

(2)パンツスタイルなら

この投稿をInstagramで見る

 

Healthy Denimさん(@healthydenim)がシェアした投稿

ハイキングや果物狩り、陶芸などの体験イベント型の婚活なら、パンツもアリです。この場合も、きれいめを目指しましょう。山道やあぜ道を歩くときには、スニーカーに合わせて、きれいめデニムやチノを、アクティブ度が低めのときには、テロンとした素材のワイドパンツなどがエレガントです。カジュアルでも、上品さを損なわないようにするのがポイントです。

(3)ヘアや小物遣いは

カジュアルな婚活では、ヘアは緩いまとめ髪がベター。毛先がくるんとなるようにランダムに巻いて、お団子にしたり、ひとつ結びにするといいでしょう。そのときには、揺れるイヤリングやピアスを忘れずに。顔回りに揺れるものがあると、視線を集めることができます。

靴は、アウトドアならスニーカーでもOKですが、やけにベルトやヒールが太いスポーツサンダルは、おしゃれすぎるのとゴツすぎる点で婚活には不向きです。バッグは小ぶりのものを。アウトドア婚活でリュックや大型トートが必要なケースでも、タオルなどを地薄にしたりして、コンパクトにまとめましょう。

 

4:まとめ

婚活の場でどんなスタイルで出会い、結婚までコマを進めるかは自分次第です。どんな相手がいるのかを知ろうとするあまり、聞き役に徹してばかりいるのももったいないので、積極的に自己アピールをしていきましょう。相手の印象に残るような会話のネタを準備しておけば、「〇〇の人だ」と第一印象からインパクトを残すこともできますよ。