シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

好みのコーヒーを淹れるなら!意外に違う「コーヒーメーカー別」味の特徴一覧

コーヒーは苦味が強いほうがお好きですか? それともアッサリ飲めるスッキリタイプがお好みでしょうか?

働く女性にとって、コーヒーブレイクは仕事効率のアップだけでなくダイエット効果も期待できちゃう飲み物であることは、『BizLady』の「効果ありまくり!“コーヒーブレイク”が働き女子に適している3つの理由」でお伝えした通りです。

なんと、同じ豆を使ってもコーヒーメーカーによって、味に違いが生じるそう。あなたは、お気に入りのメーカーの味を意識していますか?

今回は、AISSYの調査情報をもとにフードアナリストの筆者が、ガツンとストロングな味に仕上がるコーヒーメーカーと、アッサリ甘みが強い味に仕上がるコーヒーメーカーをそれぞれお伝えしましょう。

 

■1:ガツンとストロングは『メリタ』

象印(EC-KS50-RA)、タイガー(ACT-A040)、パナソニック(NC-A56-K)、メリタ(NOAR SKT54-5-H)の4つのコーヒーメーカーで抽出された味覚調査をしたところ、苦味や旨味、味の強さに影響があることが判明したそう!

もっとも味が強く出るのは、『メリタ』で、基本5味(甘味、旨味、苦味、塩味、酸味)といわれる味覚を総合的に採点したところ、4.18という数値に。

同じ豆や水を用いても、『メリタ』が一番強い味になるよう。

 

■2:ちょいストロング系は『パナソニック』

続いて、2番目に味が強くコクが出たのは、『パナソニック』製のコーヒーメーカーだったそう。

一般的に、基本5味のなかでもコーヒーの苦味が強く出ると味が強く感じる人も多いよう。

パナソニック製のコーヒーメーカーは、『メリタ』製の次に苦味が強い点が特徴です。

ガツンとまではいかずとも、ストロングなコーヒーがお好きな方は参考にしてみては?

 

■3:さっぱり甘み系は『象印』

そして、もっとも味がさっぱりしていたのは『象印』という結果に。

味の強さを示す数値は3.88で、5味のなかでも甘みが強いのが特徴で、もっとも味が強い『メリタ』の甘みは1.48に対し、『象印』は1.61となっています。

苦味よりもアッサリとした甘みのあるコーヒーがお好きな方は、こちらのほうがよりお好みかもしれません。

 

以上、好みの味で選ぶ“コーヒーメーカー”の特徴についてご紹介しましたが、いかがですか?

ひとことにコーヒーといっても、苦味や酸味、甘みなどさまざまですよね。同じ豆と水を使っても、使用する機材によって味に変化があらわれるなんて驚いた方もいるのでは?

コーヒーブレイクをもっと充実した楽しいものにしたい方は、こんな特徴を踏まえてコーヒーメーカーを選んでみても、楽しそうですね。

 

【参考】

あわせて読みたい