シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

女子が勝っちゃダメなんですか?「男子がなぜか傷つく格差」4つ

女子が勝っちゃダメなんですか?「男子がなぜか傷つく格差」4つ

みなさんは、好きな相手との格差を感じたことはありますか? 藤原紀香さんをはじめ、芸能界でもたびたび“格差婚”が話題になりましたが、あまり格差を取りざたされると女性がよほど上手にフォローしないと男のプライドが傷ついてしまいそうですよね。

今回は『gooランキング』の「男性が気にしてしまう“恋人との格差”ランキング」を参考に、男子が傷つきそうな格差をチェックしてみたいと思います。

 

■1:恋愛経験格差

確かに女性のほうが恋愛経験が豊富だと過去の男性への嫉妬も含め、気になってしまいそうですね。逆に少数ですが「恋愛経験がなさすぎる女性はめんどくさい」という男性もいたりしますが、そういう男性は大抵自分も恋愛経験が豊富だったりします。

やはり自分と同じ程度の恋愛経験の相手を選んだほうが、恋愛のモラルに対する考え方も近そうですし安心ですね。

 

■2:家柄の差

これはむしろ、恋人というより結婚の段階で大きな問題になってきそうです。婚約までいったのに家族の反対で破局してしまったらダメージが大きそうなので、お付き合いする前にそれとなく確認しておきたい項目ですね。

 

■3:身長差

女性のほうが身長が高すぎると、なんとなく引け目を感じる人もいるようですね。やはり、女性に対しては「守ってあげたい」と思いたい男子が多いのでしょうか?

その一方で、ミュージシャンのロッド・スチュアートのように長身ブロンド美女とばかり結婚する小柄な男性もいたりするので一概には言えませんが、どちらに転ぶにせよ女性より身長が低いことをコンプレックスに思う人は少なくなさそうです。

 

■4:収入差

これは、芸能界でもよく言われる典型的な“格差”ですね。共働きは当たり前の世の中なので収入が多いのは良いことですが、あまり格差がある場合は、お金以外の部分で彼のプライドを立てるなど細かい気配りが必要になってきそうですね。

 

いかがでしたか? 『Menjoy!』の過去記事「“価値観が違うと苦労する”は間違い?彼との相性を左右するポイントはコレ」のよると、結婚生活で問題になるのは“価値観”よりも“快・不快の感覚”とのことです。

格差によるズレによって日常生活で“不快”が増えてしまわないように、女性側にも細やかな気配りが必要になってきそうですね。

 

【参考】

※ 「価値観が違うと苦労する」は間違い?彼との相性を左右するポイントはコレ – Menjoy!