シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

女医が教える! 覚えておきたいコンビニで買える【二日酔い時の飲み物】

二日酔いの症状の中でも特につらい吐き気。その対策として、手軽にコンビニで買える飲み物を詳しくご紹介します。

ついつい飲みすぎてしまった翌日。朝から吐き気や頭痛などの不快な症状に襲われた経験を持つ人は多いでしょう。体調が悪い時や寝不足などの時は、決して飲みすぎたわけではないのにこのような症状に悩まされることも少なくありません。

少しでも症状を軽くするために、コンビニで気軽に買える効果的な飲み物を覚えておきましょう。

【目次】
【二日酔い 飲み物】コンビニで買えるドリンクで、二日酔いを中和する作用が期待できるものは?
【二日酔い 飲み物】お茶だったら何がいちばんいい?

【二日酔い 飲み物】コンビニで買えるドリンクで、二日酔いを中和する作用が期待できるものは?

そもそも、なぜお酒を飲みすぎると吐き気が引き起こされるのでしょうか? それには3つの大きな原因があります。

吐き気を引き起こす3つの原因

私たちがお酒を飲むと、お酒に含まれるアルコールは胃や小腸の粘膜から吸収され、血液中に移行します。血液中のアルコールは肝臓に流れ着くと、様々な酵素などの働きを受けて二酸化炭素、水に分解されます。

この分解過程で生成される「アセトアルデヒド」と呼ばれる物質は人体に有害な物質です。適量の摂取量であれば、アルコールは速やかに二酸化炭素と水に分解されますが、多量のアルコールを飲むと肝臓での分解が追い付かず、体内に「アセトアルデヒド」が溜まってしまうのです。

この「アセトアルデヒド」には毒性があるため、吐き気や胃もたれ、むかつきなどの消化器症状、頭痛、動悸などの症状を引き起こすと考えられており、二日酔いの主な原因となります。

また、アルコールは過剰に飲むとそれ自体が胃や腸の粘膜にダメージを与えると考えられています。その結果、胃や腸の働きが悪くなることで消化不良が生じ、吐き気を引き起こすことがあります。

吐き気
(c)Shutterstock.com

さらに、多量のアルコール分解によって肝臓の機能が一時的に低下すると、肝臓からの糖分の放出が上手くできなくなり、低血糖を引き起こして吐き気を促すことも考えられます。

このようなメカニズムによって生じる二日酔いの症状を改善するには、第一に体内に溜まった「アセトアルデヒド」の排泄を促すことが大切です。そのためには、水分を多く摂ってアセトアルデヒドの分解を促し、尿をたくさん出すのがポイントとなります。

ただし、二日酔いの時は胃や腸の粘膜が荒れている可能性があるため、粘膜に刺激を与えるようなものを飲むとかえって症状が強くなることがありますので注意しましょう。

二日酔いの時におすすめのドリンク

・スポーツドリンク
・牛乳
・フレッシュジュース
・ミネラルウォーター

なるべく胃や腸の粘膜にやさしい飲み物を選ぶようにしましょう。

牛乳
(c)Shutterstock.com

また、コンビニによっては、液キャベコーワ®やヘパリーゼ®など肝臓の働きをサポートし、アセトアルデヒドの代謝を促す作用を持つ成分が含まれた飲み物も市販されています。吐き気などの二日酔い症状が強い場合は、これらの飲み物を試してみるのもよいでしょう。

【二日酔い 飲み物】お茶だったら何がいちばんいい?

つらい二日酔いの日も、働く女性や主婦は毎日の仕事に大忙しです。二日酔い対策として、上でご紹介したような飲み物を人前でゴクゴクと飲めない…という人も多いのではないでしょうか?

そんな場合には、仕事中に飲んでも注目を集めない「お茶」を飲みましょう。

二日酔い対策にはビタミンCをたっぷり含んだ「緑茶」がおすすめ

ビタミンCはアセトアルデヒドの分解をサポートする作用があり、二日酔いの時には積極的に摂りたい栄養素の一つです。

また、緑茶に含まれるカフェインは利尿作用があり、アセトアルデヒドの排泄スピードをアップさせる効果も期待できます。ただし、たっぷりの水分を補給することを心がけ、ほうじ茶や麦茶などカフェインがほとんど含まれていないお茶ではなく、緑茶を選ぶようにしましょう。

キンキンに冷やしたものよりも常温に置いた緑茶の方が、胃や腸に刺激を与えないので飲み方にも注意するとよいですね。

お茶
(c)Shutterstock.com

その他、ジャスミン茶やハーブティーはその独特な風味が二日酔いのムカムカを軽減してくれることがあります。人によって好みの味や香りが異なりますので、口にした時に吐き気などをもよおさないものを選ぶようにしましょう。