舞台メイクには、遠くのお客様まで顔がはっきり見えるよう、様々な工夫がされています。今回は舞台女優として活動する筆者が、舞台メイクでよく使われる技法“ダブルライン”を応用し、目がくっきり大きく見えるアイメイクを解説します。

一重の方は過去記事の「メイクだけで“一重を二重に見せる”!舞台女優の魔法テクを公開」を参考にしていただくとわかりやすいでしょう。ひと手間加えるだけで、くっきりとした“彫り深な目”になるダブルライン、さっそくご紹介しましょう。

 

■ダブルラインとは

主に舞台メイクで使われる技法で、二重の上にさらに濃いラインを引き、目の窪みを、より深く見せるものです。宝塚のメイクをイメージしていただくとわかりやすいと思います。

普段のメイクで舞台用のダブルラインを引いてしまうと、さすがに引かれてしまうと思いますので、ダブルラインの位置を変えて自然に見せる応用編でご紹介します。

 

■くっきり彫り深アイのつくり方

(1)二重の線をなぞる

まずは、ブラウンのペンシルアイライナーを使って、二重の線をなぞっていきます。ずれてしまうと目を開けた時、ラインが見えるところと、見えないところが出てきてしまうので、線の上をぴったり引くように意識をしましょう。

(2)ぼかす

このままでも目を開けた時は自然なのですが、下を向いた際に不自然な線が見えてしまうので、指や綿棒を使って“上方向に”ぼかします。上方向にぼかすことによって、まぶたの窪みに影ができ、さらに二重がくっきり見えます。

(3)二重の終わりにもうひと手間

下画像の部分。目尻の二重の延長線上を、ほんの1ミリだけ延ばします。ポイントは、跳ね上げたり下げたりせず、あくまで二重の線が続いているように、延長線上を意識することです。ここを延ばすと、外国人風の彫りの深い目になります。

 

■ダブルラインのポイント

(1)上手に引くコツ

線を引く際に、瞼をしっかり閉じず、半目にしながら行うと、二重のラインがわかりやすくなりますよ。

(2)順番が大切

あくまでナチュラルにという方は、アイシャドウを引いてからラインを入れてください。よりくっきりさせたいという方は、すべてのメイク手順が終わってから、最後にラインを引くことをおすすめします。

 

線を二重に重ねることで、くっきり彫り深に見せるダブルライン。いつものメイクにちょい足しをして、印象的な目元に変身しましょう。ぜひ試してみてくださいね。

 

【おすすめ記事(PR)】