シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

夫に「ママ」なんて呼ばせない! 褒められる・モテる「大人の女子力」アップ方法

謎の輝きを放つ女性は、年齢や既婚未婚、子どもの有無関係なくいて、とても素敵。その輝きの秘訣は何なのでしょうか。アラフォー女子だからこそ、年齢を重ねた分もっと輝きたい、もっと女を楽しみたい。大人の恋愛エッセイストが、女子力アップのコツを紐解きます。

 

 

「女性の透明感」を作り出す行動って何だろう?

「あれ?なんか今日はいつもと違うな...」。

微笑みかけて来た妻を見てそう感じることがあります。表情が晴れやかで、柔和、そして髪や肌に透明感がある...。そんなときは思わず「なんか今日は、透明感があるよね? どうして?」と素朴にたずねてしまいます。すると決まって仕事が楽しかったり、友達と前日に映画を見に行ったり、あるいは数日前にヨガやジョギングをしていたり、といったことがありました。

「女性の透明感」を作り出す行動って何だろう?これは男性から見ても興味深いテーマの1つです。

私の場合、著述業以外にも交流会やイベントを開催しているので、アラサーやアラフォーの女性と会う機会が多いのですが、そのなかにこの「躍動感のある透明な華やぎ」を纏う女性が必ずいます。既婚未婚、お子さんあり、なし、あるいは年齢にも関係なく、です。なかには50代の方もいて、皆さん謎の輝きを纏っています。そこでも、僕は「どうしてなんですか?」と尋ねます。

恋をしているから、スポーツをしているから、楽しく仕事に没頭しているから、など答えは様々ですが、そこで気づいたことがあります。

それは彼女たちがある程度忙しいということです。そしてもうひとつ、自分で選んだ行動に、リズムよく没頭しているということでした。

仕事、恋、趣味、スポーツなど自分で選んだことを大切にしていましたし、ある意味分散型であることがわかりました。新しい出会いやつながりをどんどん取り入れ、ある程度の人の数に囲まれている、そして孤独感を感じていない状態だったのです。

これが人間関係の澱みや執着や被害妄想を遠ざけ、あっけらかんとした透明な心を作り出しているのだろうと、僕は推測します。

イライラ、クヨクヨ、孤独などがこびりつかない、透明度の高い心。その周波が彼女たちの佇まいから、透明な華やぎオーラとなってあふれて出ていたのだと思います。

 

 

健康や女性らしさを維持する薬「ときめき」を素敵な人に貰う

もうひとつここで大切なことがあります。彼女たちは、「ときめき」を摂取していたということです。

素敵な同性、異性と仕事や趣味を通して話せば、生物的に必ず微量のときめきを摂取することになります。これは避けられないことです。既婚であっても未婚であっても、パートナーがいようといまいと、それは同じです。ときめきは、人間本来の自然な営みであり、健康や女性らしさを維持するひとつの薬のようなものだと思うのです。

「そんなにあれもこれもじゃ忙しくなってしまうのでは?」
そんな疑問も浮かんできたかもしれません。たしかにそうですね、忙しすぎては、逆に睡眠不足になったりストレスが溜まってしまいますよね。
でも、彼女たちは適度に断捨離をして、自分を疲弊させないようにドライな判断もしていました。優先事項に貪欲でした。
ほんの少しだけ、自分本位になってみる。自分で選んだコトやヒトと楽しくコミュニケーションする。それで心を澱ませず、素敵な人からときめきを貰う。

これがあなたの輝きをつくり、「躍動感のある透明な華やぎ」をつくります。

 

 

いつも上機嫌なので、もちろん夫やパートナーとの関係もうまくいきます。そのときには、彼らはあなたに何度目かの「恋」をしてくれるに違いありません。

恋は最高の美容液ですね。肌のキメを整えると肌がうるおってきれいになるように、私生活、そして夫やパートナー、異性との関係を整えることで「躍動感のある透明な華やぎ」を纏う...。
それにより、佇まい、オーラ、そして肌のキメや髪の艶にも女子力が返ってくるのではないでしょうか?

あなたの日々の華やぎを応援しています。

<執筆>エッセイスト 潮凪洋介

雑誌やWebをはじめ、恋愛&人生系著書多数。リアルエッセイの著作は国内外68冊にのぼる。恋愛は現場で起こっている! モテ偏差値60以上を目指す、大人の男女のための実践型恋愛コラムなどを執筆。

 

 

 


<関連記事>
仕事もプライベートもモテる、男性から見た「大人の女性」8カ条
年代別に目指したい!「大人の女性」に近づく美容ヒント
外見も内面も若々しくなる!「大人の女性」3つの習慣とは?