シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

太眉ブームだけど…残念!急増する「眉盛り過ぎ女子」のNG4つ

ナチュラルな太眉が今どきのメイクには欠かせませんが、中には太い眉にすることでナゼか野暮ったくなってしまう人も……。

太眉は単に太く濃い眉ではなく、本来の眉毛や産毛を生かしたナチュラルさが大事。太く描きすぎたり、色が合っていないなど、残念な太眉になっていませんか?

今回は、美容ライターである筆者が、太眉が失敗してしまう原因を分析していきます。

 

■1:一色だけではっきり描いている

黒やダークトーンなど、すべて一色で描いてしまうと、はっきりしすぎて眉ばかりが目立ってしまいます。ヘアカラーよりも一段抑えたくらいの色を選び、さらに少し明るめのトーンも用いましょう。二色使いで陰影を付け、ふんわりと見せるのがコツ。

 

■2:山の角度がありすぎる

眉山の角度をあまり高くすると、きつい印象になってしまい、眉の存在感が増してしまいます。特に太い眉にする場合は、眉山を付けないように描きます。

トレンドの平行眉を意識して描くようにすると失敗がありません。眉山のカーブはなだらかに丸みを付けて描くようにします。

 

■3:眉尻が消えている

眉をパウダーで描くと、眉尻が消えやすくなりますが、太眉の場合は眉尻がないと必然的に眉が短く見えてしまいます。眉尻のほうはパウダーでも少し濃い色で描くか、ペンシルタイプを用いて描き、“麻呂眉” (眉頭にだけ毛が残っている眉毛)を防ぎましょう。

 

■4:オーバーラインで不自然

ペンシルタイプはシャープにラインを描くのには重宝しますが、毛のない部分までオーバー気味に描くと取って付けたような眉になってしまいます。太眉はパウダータイプを選んで、もともとの眉の形を生かし、ぼかしながら描きましょう。

また毎日描いていて、どんどんオーバーラインになっている可能性もありますからご注意を。

 

アイシャドウを使って描く際は、パール感のないものを選び、付属のチップよりもブラシを使って描くとキレイに仕上がります。

自眉の毛の流れも必要なので、眉を剃ったりカットしたりも最小限に。自眉を生かした自然な眉を育てて生きましょう。

 

【姉妹サイト】

※ マイナンバーで「副業がバレる」のか!? 本当のところを丸わかり

※ すごい恋できるかも…流行の兆し「テラハ風エコノミーハウス」って?