シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

大杉漣さん死去で悲しみが広がる /「バイプレイヤーズ」や「相棒」など レギュラー出演していた番組は今後どうなるの?

2018年2月21日夜に日本全国をかけめぐったのは、大杉漣さん逝去の一報。大杉さんが幅広い世代から深く愛されていたことを改めて知ることとなりました。

この日は大杉さん出演のテレビ東京系ドラマ『バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~』第3話の放送日。

ご遺族、事務所、キャストの方々の意向により放送はいつもどおり行われて、最後の最後にエンディング曲が流れるなか、訃報を知らせるテロップが出ていました。

【バイプレイヤーズはいつも通りの空気で放送】

コメディー要素が強いドラマだからこそ、楽しんでみてもらうために敢えて、最後にテロップを流したのかも……。今回がシーズン2となるこのドラマに大杉さんは企画段階から関わっていたらしく、この演出はおそらく、大杉さんサイドの意向もあったのではないでしょうか。

【最後に演じた役は「大杉漣」】

「スポニチアネックス」の報道によると、大杉さんは収録後に松重豊さんをはじめとする共演者と夕食をともにし、ホテルの自室に戻ったところで腹痛に襲われ、病院に運ばれたとのこと。

松重さんのほか、共演の光石研さん、田口トモロヲさん、遠藤憲一さんが大杉さんの最期を看取ったそうで、みなさんの思いを想像すると胸が苦しくなってしまいます。

俳優たちが本人役を演じるこのドラマが、最後の出演作。つまりは大杉さんほどの名バイプレイヤーが最後に演じた役が、ほかならぬ「大杉漣」役であったということも感慨深いです。

【「ゴチ」でもテロップが流れる】

『バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~』のホームページによれば、2月28日(第4話)と3月7日(第5話・最終回)の放送については、現在検討中とのこと。

また大杉さんがレギュラー出演中の日本テレビ系バラエティ『ぐるぐるナインティナイン』の「ゴチになります!」では、番組の冒頭とラストに追悼テロップを放送。なんと大杉さんがまさかのビリで、このときもまた、ツイッターが大杉さんへのコメントであふれかえっていました。

ちなみに準レギュラーとして出演中のテレビ朝日系ドラマ『相棒16』では、追悼テロップは流れず(この日の大杉さんの出演はなし)。今後については、対応を協議中だということです。

参照元:ZACCO OFFICIAL WEBSITEテレビ東京日本テレビスポニチアネックスTwitter @tx_byplayers
執筆=田端あんじ (c)Pouch