シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

大事なのは○○! 恋愛対象になる人とならない人の違い

人間として素晴らしくて素敵な人でも、恋愛対象にならないことってありますよね。どんなに相手のことが好きで努力をしていても、相手の恋愛対象内にいなければなかなか結ばれません。
では、恋愛対象になる人とならない人にはどのような違いがあるのでしょうか? ここでは「恋愛対象になる人とならない人の違い」について聞いてみました。

清潔感があるかどうか

「ありきたりだけど、清潔感があるかどうかは大事。服にしわとか毛玉がついていなくて、靴下に穴があいていなくて、ヒゲもちゃんと剃っていて……。清潔でいることはマナーでもあると思うから、清潔感がないといい人でも好きにはならない」(30代/美容師/女性)

▽ もっとも多かったのは「清潔感があるかどうか」という意見です。一般的にかっこいいと言われる顔立ちをした人であっても、不潔であればときめかないそうです。
清潔でいることは相手へのマナー。その気遣いができていない相手とは恋愛をしたいと思わないのかもしれませんね。

話が合うかどうか

「どんなにかっこよくて頭がいい人でも、話のテンポとか笑いのツボが合わないと違うなってなる。話は頑張って合わせるものではないと思うし、無理してまで一緒にいるのは違うと思うから」(20代/IT/女性)

▽ 相性が合うかどうかは話が合うかどうかでも決まるもの。話題の選び方や笑いのツボ、会話のテンポなどがしっくりくる相手は恋愛対象としても意識しやすいですが、ちぐはぐで噛み合わない相手とはなかなか恋愛しているところがイメージできないそうです。

好みのタイプかどうか

「やっぱり自分の好みかどうかは大きい。可愛いなって思う子は性格がそんなによくなくても恋愛対象になるし、性格がいい子でも自分の好みじゃないと対象からはずれる」(20代/IT/男性)

▽ ストレートですが、相手が自分の好みの外見かどうかも恋愛対象に入るにはとても大事な鍵になります。好みのタイプであれば多少性格が悪くとも恋愛対象としてはありなのだとか。
反対に、どんなに性格がよくても自分の好みからはずれると恋愛対象にはなかなかならないそうです。

独身か既婚かどうか

「どんなにタイプで素敵な人でも、相手が既婚だと知った時点で恋愛対象からははずれる。自分と可能性がない相手とは恋愛対象にはならない」(20代/看護師/女性)

▽ 忘れがちで大事なのが、相手が独身か既婚かどうかというもの。恋はタイミングとも言われますが、自分がフリーのときに相手がフリーでない人は運命でないと考える人もいました。
そういった意味で、タイミングが合うかどうか、相手が独身か既婚かどうかで恋愛対象になるかどうかが決まるようです。

色気があるかどうか

「恋愛対象になるかどうかは本能で決まる気がする。第一印象というか、色気がある人はやっぱりくっつきたいなって思うし、それって恋愛感情になり得るものだと思う」(20代/SE/男性)

▽ 第一印象の色気の有無で恋愛対象になるかどうかが決まるという直感タイプの人もいました。人間も動物です。そういった本能を重視するのも自然なことなのでしょう。