シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

夢見すぎ! 私たちが男性陣に物申したいこと・4選

男性と話していると、どうも「女性に夢を見ているな……」と感じることってありませんか? 素を出すことにも抵抗を感じてしまい、仮面を被った自分を見せるようになることも……。
そうするとだんだん息苦しくなるのはもちろん、いつか爆発する日が来てしまうかもしれません。そこで今回は「私たちが男性陣に物申したいこと」についてご紹介します。

私達が男性陣に物申したいこと

1. 芸能人の「ぽっちゃり」は標準体型!

・「テレビでぽっちゃりを売りにしている芸能人を見ると、『もっと痩せたら絶対にかわいいのに!』という彼氏。でも女優やモデルが細すぎるだけで、ぽっちゃり芸能人も割と標準体型が多いと思う」(20代/IT)

▽ 当然と言えばそれまでですが、芸能人はスタイルの良い人が多いため、標準体型でも「ぽっちゃり」扱いされてしまいがち。そんな男性陣のイジリを見ていると、「いやいや、じゃあ私たちはどうなるの……」と少し悲しくなってしまいます。

2. 「かわいい」のハードルが高い!

・「アイドルを見て『こういう子って身近にいそうだよね~!』と言ってくる同僚。いや、普通に考えたら彼女たちはやっぱりかわいいと思いますよ……」(30代/販売)

▽ 最近では身近に感じられるアイドルが増えているからこそ、逆に一般人にも同様の「かわいい」を求めてくる傾向にあるのかも? とはいってもやはり相手は芸能人。あまり比べないでほしいと思ってしまいます。

3. そんなことじゃ恥ずかしくないです!

・「『キスやエッチは恥ずかしがって当たり前』みたいな考えがある彼氏。彼が喜んでくれるかと思って一応照れているフリはするけれど、ぶっちゃけ何年も付き合っているのでもう慣れちゃってます……」(20代/営業事務)

▽ 付き合いはじめならまだしも、交際が何年も続いていると少しずつ恥じらいなどもなくなっていくもの。もちろん彼へのトキメキなどはあるでしょうが、薄れていくのは仕方のないことです。
それでも「照れている彼女を見たい!」という彼の無言のリクエストに応えて、演技をしている女性もいるようです。

4. やっぱりお高いものをもらったほうがうれしい!

・「彼が誕生日にUFOキャッチャーで取れた大きなぬいぐるみをくれたけれど、正直置き場所に困っています」(30代/接客)

・「時計や財布をもらうのであれば、やっぱりある程度値段のするものが良いです。それが厳しいのであれば、自分で買うからいらないって思っちゃいます」(20代/IT)

▽ 「プレゼントは値段じゃなくて愛情」とは言いますが、歳を重ねるにつれて良いものが欲しくなるのが女性の本音……。もちろんプチプラでも実用的なものであればOKですが、そうじゃないのならもらっても使いにくいかも……。
もし安いものをもらうのであれば、消え物をもらったほうがありがたいかもしれません。