シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

多忙お疲れ女子を助ける!「ローコストハイリターン美容」裏ワザ4つ

毎日毎日、朝起きてバタバタとスキンケア、そしてメイク。疲れて顔がむくんでいるけど、マッサージする時間もなし! その日の用事に合わせて、ベストなコーディネートも考えないと。仕事にプライベートにとただでさえ多忙で疲れるのに、お洒落や美容も頑張ろうとするとさらにエネルギーを消費して疲れます。

小学館女性インサイト研究所が『CanCam』と『Oggi』の読者に対して実施した「働く女性の不調に関する調査」では、全体の97%もの人が体に何らかの不調を感じていることが判明しました。その原因としては、ストレスや長時間のデスクワーク、不規則な生活による肩こりやむくみ、冷え、だるさなどが挙げられていました。

元気で余裕がある時は趣味感覚で楽しめるお洒落や美容も、疲れて余裕がない時は正直そこまで手が回らないこともあります。しかし、どんな時でもキレイに見られたいのが女心というものです。

そこで、仕事や家事に忙しい時に“最低限の労力でキレイになる方法”を時系列でご紹介します。

 

起床:洗顔は拭き取り化粧水で

髪をまとめたり飛び散った水を拭いたり、意外と時間と手間のかかる洗顔。とくに今のような寒い時期には冷たい水が負担に感じてより億劫になりがち。最近トレンドの化粧水タイプのクレンジング液なら、朝の拭き取り洗顔にも使えるので寒さに震えることもなく快適です(敏感肌の方は皮膚科にご相談ください)。

 

■通勤中:ロングネックレスとピアスは時短オシャレの味方

忙しい朝、ネックレスやブレスレットの留め具に手間取ってイライラした方は多いのではないでしょうか? ロングネックレスなら頭からすっぽりかぶるだけなので手間いらず。可愛いピルケースにピアスやイヤリングをいくつか入れ、常に鞄の中に入れておけば、移動中や目的地に着いてからでも隙間時間に装着できます。

 

■帰宅後:お風呂につかりながらスキンケア

お風呂あがりに慌てて化粧水やクリームを塗らなくてもいいように、クレンジング・洗顔をしたら湯船につかりながらスキンケアもしてしまいましょう。最近では、湯船につかりながら使用できるフェイスパックや時短コスメも多数販売されています。顔だけでなく体にも使用できる上質な美容オイルも多忙時の味方です。

 

■就寝前:トレーニングマシンと美顔器を活用

ジムやエステに行く余裕のない時は、トレーニングマシンや美顔器を活用する方法もあります。トレーニングマシンや美顔器というと高価なイメージがあるかもしれませんが、数万円台で高品質な商品も多数販売されています。テレビを観ながら10~20分の隙間時間に使用できるので、長期的に考えればお得です。

 

以上、仕事や家事に忙しい時に“最低限の労力でキレイになる方法”をご紹介しましたが、いかがでしょうか?

疲れている時、忙しい時にキレイをキープするのはエネルギーを使います。便利なアイテムを活用して、上手に手を抜きつつ自分をいたわりたいですね。

 

あわせて読みたい