シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

多すぎる汗は夏バテのサイン…!?タイプ別・汗の予防フード3つ

気温が上昇し、汗が気になる季節になりましたね。汗は体温調節のために必要な現象なのですが、多すぎる汗や寝汗は、身体のバランスが崩れている場合もあります。東洋医学では昼間の汗を「自汗(じかん)」、寝汗を「盗汗(とうかん)」といって、身体のバランスが崩れてしまうことで起こる汗を抑えるとされている食べ物があります。汗や寝汗が気になる方は「レモン」、「シナモン+生姜」、「桃」がおすすめですよ。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■タイプ別!汗の予防におすすめの食べ物

(1)夏バテや喉や口の乾きが気になり、すぐに汗がでてしまうタイプ

・レモン
食欲がなく身体が疲れていると、自律神経のバランスが崩れ、汗が多くなってしまう場合もあります。レモンには疲労回復効果のほか胃腸の働きを整え、身体を潤す働きがあるといわれています。またレモンの香りには気持ちをリラックスさせる効果もあり、とくに朝レモンの香りを嗅ぐと体内時計がリセットされるそうですから、疲れが気になる方は、朝のレモンを習慣にしてみて!

(2)身体がほてって汗が多いタイプ

・シナモン+生姜
身体が熱くほてったように感じやすく、汗の量が多い方におすすめなのが「シナモン+生姜」。シナモンには毛細血管を丈夫にして血流をスムーズにする働きがあり、生の生姜には身体の表面の血流を高めて深部に溜まった余分な熱を放出する働きがあります。汗だけでなく、身体は暑いのに冷房で手足が冷えてしまうような、末端冷え性タイプの方にもおすすめです。アイスティーや炭酸水に生姜を絞り、ハチミツとシナモンを加えて飲むと、さっぱりとしていて美味しいですよ。

(3)疲れやすく寝汗が多いタイプ

・桃
桃は、湿度や暑さで身体が疲れてしまうことで起こる寝汗に良いとされています。また、身体を潤す働きもありますので、喉の渇きが気になる方、便秘がちな方にもおすすめです。桃の缶詰でも、生の桃とビタミンの含有量が変わらないといわれており、中には缶詰のほうがビタミンの含有量が高い成分もあるのだとか。


どれも身近な食べものですから、汗や寝汗が気になる方は毎日の食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

(岩田 麻奈未)

【参考】
レモンで体内時計をリセット – サッポロ
Nutritional content of fresh and canned peaches
※高倉伸幸監修(2010)レタスクラブムック「シナモン・メソッド」(角川SSコミュニケーションズ)