シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

夏の肌トラブルNo.1!「夏ニキビ」を防ぐスキンケアのコツ

夏になると深刻化するニキビ、どうにかしたいですよね。なぜ夏にニキビがひどくなるのか?など原因と対策を知って、今年は夏ニキビを制しましょう! 夏ニキビには「収れん化粧水」が効果的なようですよ。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■夏ニキビができる原因

夏にニキビが発症または悪化する原因のひとつは、暑さによる皮脂分泌が増加し、アクネ菌やぶどう球菌などが増えてしまうから。
通常、私たちの肌は弱酸性ですが、汗をかいた状態のまま放置しておくとアルカリ性に傾きます。肌がアルカリ性に偏ると、肌が持ち合わせている殺菌力が低下し、菌を抑える力が弱くなってしまうのです。殺菌力のなくなった肌は、どんどん菌を増殖しニキビや炎症を起こしやすい状態になります。
また、もう一つには未熟で痩せた角質層にあります。夏は、大量の汗・強い紫外線・急激な冷房など肌にとって過酷な季節。それが角質の剥がれるスピードを加速させ、新しい角質の産生が間に合わず、未熟で痩せた角質層を作ってしまうのです。


■夏ニキビを防ぐには?

気持ち悪いからと、汗をかいてはすぐに洗顔をするというのは避けましょう。肌にとって必要な皮脂や水分が流れてしまい、未熟な角層をますます危険な環境にしてしまうからです。汗をかいたら、湿らせたタオルで優しくおさえるように(決してゴシゴシこすらず)小まめに拭き取ります。
状況に応じて、保湿やUVクリームを塗り直すなどして、乾燥から肌を守ることも忘れずに。夏は肌が湿っているように感じますが、冷房などによる乾燥から実は深刻なインナードライになっていることが多く、それがまたニキビの原因にもなり得るのです。
可能な限り、強い冷房や冷風に直接当たらないようにするなど、屋内環境を快適にすることも夏ニキビ対策のひとつ。


■夏ニキビを防ぐおすすめのスキンケア

いつものスキンケアに、投入することをおすすめしたいのが「収れん化粧水」です。
夏に開きがちな毛穴を引き締め、キメを整えるほか皮脂のバランスをコントロールする役割があります。注意点は使う順番。普段使う化粧水→美容液・乳液→「収れん化粧水」の順で使います。「収れん化粧水」をコットンにとってパッティングすることで、保湿された肌が落ち着き毛穴をキュッと引き締められるのです。


乾燥・紫外線はニキビの大敵。汗をかくと、せっかく塗っておいた保湿・UVクリームまで流れてしまいます。「塗り直す習慣」をつけて、夏ニキビを防ぎたいですね。


(ささきひろこ)