シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

夏の不調が続く「秋バテ」にご注意を! 不調を招くNG行動3つ

夏は暑さの影響もあり、不調を感じる人は多いと思います。しかし近頃では、その不調が秋になっても続いている…という人が増えているようです。そんな秋バテの大きな原因に、内臓と体の“冷え”などあります。
そこで今回は日常生活に潜む秋バテの原因を3つご紹介します。疲れやだるさを感じながらも、普段通りに過ごそうと頑張っている人は要注意かもしれませんよ。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■秋バテを招くかもしれない生活習慣3つ

(1)不調を感じてもいつも通り飲み食いする

肌寒さを感じつつも、つい夏場と同様に冷たいものを摂り過ぎていませんか? 内臓、とりわけ胃腸が冷えてしまうと、内臓器官に負担がかかり、秋になっても食欲不振や胃痛に悩まされることがあるのだとか。不調を感じたら、冷たいものは避け、白湯や温かいハーブティーで胃を温め、消化の良いスープなど中心の食事で過ごすのがおすすめです。

(2)気分がふさぎ込んでも「頑張りすぎて」しまう

初秋は天気が崩れたり、低気圧な日も多く、気分が落ち込んでしまいがち。しかし、そこで「頑張らなければ」と自分を追い込むのは、ストレスや自立神経の乱れにつながってしまい、逆効果です。
自立神経を整え、リラックスモード時に優位になる副交感神経を「オン」にしやすくするためにも、ぬるめのお湯の湯船につかったり、自分の好きな香りの入浴剤を入れたりするなどして、リラックスすることがを心がけましょう。

(3)カーディガンや羽織ものを持ち歩かない

暑い日はいまだにエアコンがついている場所もあれば、寒い日や朝晩は驚くほど冷えることもあります。カーディガンなどの羽織ものを持ち歩かずにいると、思いのほか体が冷えることもありますから、鞄の中には常にカーディガンやストールなど、さっと羽織れるものを持ち歩くようにしましょう。

心身ともに体調を崩しやすい秋だからこそ、ちょっとした生活習慣に気をつけて快適に過ごしたいものですね。

(前田紀至子)

【あわせた読みたい】
その不調は秋花粉かも!?風邪と秋花粉を見分けるポイント
ダルい‥疲れた‥と感じたら押してみて!体の不調を解消させるツボ3つ

【参考】
夏バテならぬ秋バテに要注意 – ライオン
夏の不調が秋まで続く、新型「秋バテ」にご注意! – 花王