シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

夏なのに私だけ寒い…!働き女子が「隠れ冷え性」になる原因4つ

今年も暑い季節がやってきましたね! でも、働き女子にとっては、オフィスの中がエアコンで冬のように寒いのが悩み……という場合も多いことでしょう。

エアコンの効いた部屋で寒いのはあたりまえ。でも、気温が高いのに手が冷えたり、寒く感じて体が震える……なんてことはありませんか?

そこで今回は、そんな“隠れ冷え性”になっている原因を、海外の健康情報メディア『Health』の記事を参考に検証してみましょう。

 

■1:鉄分とビタミンB12不足

鉄分とビタミンB12は別の栄養素ですが、2つとも体内で血液生成するのに関わるもの。肉類や魚類、卵などから補給することが可能です。この栄養素2つが足りなくなると、赤血球が足りなくなり、体内の温度調整を助ける酸素が体の隅々まで運ばれなくなり、冷えていると感じることがあるとか。

どちらの栄養素も、好き嫌いが激しいなどの理由で食生活のバランスが取れていないと、不足する可能性が高いそうですよ!

 

■2:水分不足

集中して働いていると、「ヤバ……1日中水飲んでなかった!」なんてことが起こりがち。水分不足になると、体温の調節機能が乱れて暑さ・寒さに敏感になるばかりか、基礎代謝も落ちて体が冷えることもあるそうです。

机には常にお茶や水を常備して、定期的に喉と体を潤しましょう!

 

■3:血液の循環に問題

「手足だけ冷え性で……」というのは女性にありがちな症状ですよね。

この場合、医師によると心臓になんらかの原因があり、手足の先まできちんと血液が送られていない可能性があるそうです。手足だけ冷えがひどく、「オフィスで耐えられない……」という場合は、病院で診察を受けてみることをオススメします。

 

■4:睡眠不足

毎晩夜遅くまでネットやテレビを観て、翌朝ギリギリに起きて出社……などという睡眠不足生活を送ってはいませんか?

睡眠不足は体にさまざまな影響を及ぼしますが、その中に体温を調節する脳内の働きにも異常が起こるそうです。低体温の傾向がある方は、睡眠パターンに注意してください!

 

■5:痩せすぎ

あなたが痩せていて、BMI(ボディマス指数)が18.5以下である場合、体脂肪が少なすぎるのが原因で体が冷えてしまうことがあるそうです。

また、痩せた体を保とうと無理なダイエットをしている場合、かえって基礎代謝が悪くなり、他の人が寒いと思わなくても自分だけ冷える……という結果になり得るそうです。

また、体内で熱を発して代謝を活発にする働きを持つ筋肉が足りないと、寒さから体を防御できないうえ代謝が落ちるので、余計に冷える結果になるのです。

 

以上、「夏でも寒く感じる」「他の人より冷え性かも」という場合の原因を検証しましたが、いかがでしょうか?

心当たりのある人は、生活習慣や食生活などをしっかり見直してみてくださいね!

 

【参考】

あわせて読みたい