シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

変化球もあり! バリエーション豊かな【最新カセット服】5選|通勤からカジュアルまで

最新の変わり種「カセット服」をご紹介。通勤からカジュアルなシーンまで使える、バリエーション豊富なカセット服に注目です!

最新変わり種【カセット服】5選

さまざまな着こなしが楽しめる、働く女性の味方「カセット服」。通勤用のきれいめセットだけでなくカジュアルなシーンでも活躍できるセットまで、ブランドのプレスの方の声とともにご紹介します♪

【ショートパンツ】があるカセット服

【1】「ルーニィ|LOUNIE」のショートパンツは程よい丈感

ショートパンツ¥16,000・ジャケット¥32,000・テーパードパンツ¥19,000(ルーニィ)

色違いのベージュのショートパンツは、リネンシャツと合わせて大人サファリスタイルに

「カセット服は、これまで何型もつくってきていて、通常ですとクロップドパンツのほかにスカートやワンピースを展開することがほとんどでした。この麻を使用した光沢のある素材には、特に今年のトレンドである『ショートパンツ』が好相性なので、採用することにしました。ぜひジャケットとショートパンツのセットアップで着ていただきたいです」(LOUNIE プレス・松川美琴さん)

【カラフル】なカセット服

【2】「ティアラ|TIARA」イエローシリーズ

スカート[共布ベルト付き]¥16,000・ワイドパンツ[共布ベルト付き]¥16,000・テーパードパンツ[共布ベルト付き]¥15,000・ブラウス(上)¥13,000・ブラウス(下)¥12,000(TIARA〈ティアラ〉)

「以前からカラーのセットアップがとてもご好評いただいていたので、今回ビビッドなイエローでカセット服をつくってみました。華やかなブラウスなど単品でも使いやすいアイテムがあると、より自由に組み合わせを楽しんでいただけるので、オススメです!」(TIARA プレス・藤原 恵さん)

【ニット素材】のカセット服

【3】「ウィム ガゼット」のニットシリーズ

長袖プルオーバー¥14,000・スカート¥15,000・タンクトップ¥12,000(ウィム ガゼット 丸の内店〈ウィム ガゼット〉)

「ニットのプルオーバーとニットスカートは定番アイテムとして毎シーズン展開していました。この春は、軽くて風合いがよく耐久性にも優れているこの新しい素材と出合ってほれ込み、インナーのバリエーションを増やすことに。素材を最大限生かすために、シンプルながらスリットを効かせるなどデザインにもこだわっています」(ウィム ガゼット プレス・高岡 瞳さん)

【4】「LITRAL」のニットシリーズ

キャミソール¥10,500・スカート¥13,000・半袖ニット¥12,000・カーディガン¥14,000(GUEST LIST〈LITRAL〉)

「LITRALは今年デビューした、『旅』をコンセプトにしているブランドのため、着回しができるアイテムには自信があります。一枚でもサマになるようにデザインされていますが、キャミソール×スカート、カーディガン×スカートなど、どの組み合わせにもはまり、違った見え方になるように工夫しました。ほかに、ピーコックとディープレッドの3色展開です」(LITRAL プレス・榎本 明さん)

【全9アイテム】のカセット服も登場!

【5】「YOKO CHAN」のオケージョンにも対応するモード顔のネイビー

(上段右から)A:長袖ブラウス¥37,000、B:ノースリーブブラウス¥32,000、C:半袖ブラウス¥34,000、D:ジャケット¥55,000(YOKOCHAN〈YOKO CHAN essence〉)

(下段右から)E:スカート¥38,000、F:パンツ¥37,000、G:コート¥65,000、H:ワンピース¥50,000、I:ジャンプスーツ¥52,000(YOKOCHAN〈YOKO CHAN essence〉)

2016年に登場したYOKO CHANの定番のアイテムを集めたカセット服「YOKO CHAN essence」。ジャケットやパンツなど7アイテムから始まり、オケージョンで着用する女性が多いことからワンピースやブラウスを追加。独特のとろみのある素材が最大の魅力。

●この特集で使用した商品の価格はすべて、本体(税抜)価格です。

Oggi5月号「働く私たちの毎日はカセット服に救われる」より
撮影/坂根綾子 スタイリスト/渡辺智佳 構成/渡辺みらの
再構成/Oggi.jp編集部