夫婦生活は、うまくいっていますか? 新婚時に仲良くラブラブだった関係も、時間とともに変化してきている人もいるのではないでしょうか。

もちろん人間ですから、時に喧嘩をすることもあるでしょう。うまくいかないこともあるかもしれません。

しかし一方で、いつまでも仲良く新婚の時のような関係を保っている夫婦もいるものです。あなたの周りにもいませんか? そうした人と、他の人は何が違うのでしょうか?

そこで今回は、アジア圏のパパママサイト『the Asian parent』などの記事を参考に、“夫婦生活がダメになる絶対避けたいこと3つ”をご紹介します。

 

■1:喧嘩した時に“離婚”を口にしない

時には夫婦喧嘩をすることもあるでしょう。そうした時に、つい“カーッ”となることはありませんか? ここまではいいのですが、その時に決して「離婚する!」ということは言わないでください。

売り言葉に買い言葉ではないですが、お互いに熱くなっていると、引っ込みがつかなくなったり、普段思ってもいなかったことをしてしまうこともあるのです。

好きになって結婚した相手です。喧嘩の勢いに任せて“離婚”という言葉を出してはいけません。

 

■2:絶対に謝らない

喧嘩をしていて、「あれ? やっぱり自分が悪かったかな……」と思う時はありませんか?

こうした時に、あなたはどうしていますか?

良好な夫婦関係を保っていきたいのなら、自分の非を認めて必ず謝りましょう。変な意地を張らずに謝ると、あとあとかえって夫婦関係が良好になることもあります。

 

■3:旦那さんを変えようとする

結婚して一緒に生活をするようになると、だんだんと旦那さんの嫌なところが見えてきたり、変えて欲しい、直して欲しい、というところが出てくるのではないでしょうか? 女性の多くは、こうした傾向にあるようで、すぐに旦那さんを改良しようとするようです。

一方で、女性自身はどんどん変わっていこうとするので、このギャップがうまくいかない原因になることがあるようです。

あなた自身がより良く変わっていくことは構わないのですが、旦那さんを無理やり変えていこうとするのはやめましょう。必ず2人の間に摩擦を生みます。

 

以上、“夫婦生活がダメになる絶対避けたいこと3つ”でしたがいかがだったでしょうか? 思い当たることもあったのではないでしょうか。

長く夫婦を続けていれば、喧嘩をすることもあるでしょう。ポイントは、そうした状況をどううまく乗り切るのか? といったところでしょうか。

いずれにせよ女性の方が1枚も2枚も上手だと思いますので、やはり女性が上手にコントロールしていくことが、うまくいく秘訣のようにも思います。

夫婦関係がうまくいかない、という人はちょっと気にしてみてください。

 

【参考】

※ 10 mistakes to avoid in a marriage – the Asian parent

あわせて読みたい