シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

埼玉県狭山市の婚活事業を取材しました

知らないのはもったいない!自治体婚活サービスの実態を調べました

狭山市在住または狭山市勤務の方は必見です!

以前、まりおねっとでは埼玉県が支援している婚活「恋たま」を紹介しました。2018年10月から始まった「恋たま」は、「県が運営する婚活サービスだから安心できる」とすでに多くの人から支持されています。

さて、今回は同じ埼玉県の狭山市が提供している婚活について。狭山市総合政策部総合戦略推進室の久保田さんに詳しいお話をお聞かせいただきました。


編集部

「狭山市が独自で婚活支援事業をスタートさせた経緯から、まずは教えてください」

久保田さん

「狭山市は、埼玉県全体の平均と比較をしても未婚率が高い市なので、人口減少対策の一環としていろいろな試みを行っています。

狭山市には工業団地がふたつあり、製造業に勤めている独身の男性や、保育士や看護師などの専門職の女性などが多く、実際にお話しを伺うと、出会いがなく独身の方も少なくないとのことでした。そこで、彼らのような若い世代の結婚を応援するため、2016年から婚活イベントを開催しています」

編集部

「具体的には、どのような婚活イベントを開催しているのでしょうか?」

久保田さん

「2016年は男女ともに市内在住・在勤の方を対象に『学校で恋するさやまコン』という婚活イベントを開催しました。

ただ、翌年の2017年からは参加者に縛りを設けさせてもらっています。2017年は狭山市内の製造業に勤務している男性との婚活イベント。これは西武鉄道の車内を舞台にした婚活イベントでした。

2018年は前年と逆で女性参加者の側に縛りを設けさせていただきました。狭山市内で働いている専門職の女性との婚活イベント。これは、狭山茶を使ったスイーツをみんなで作る体験型の婚活イベントでしたね」

編集部

「先程おっしゃられていた独身の比率が高い職業の方が優先的に参加できるのですね。婚活イベントの流れは、一般的な婚活パーティーと同じような形でしょうか」

久保田さん

「基本的には同じです。ただ、市でやっているので、婚活パーティー単体のイベントというよりも、シティプロモーションや企業との連携など……いくつかのテーマ課題を織り交ぜながらやらせていただいています。

また、民間の婚活パーティーとは違い、いきなり婚活パーティーが始まるのではなく、最初にライフデザインセミナーというものを1時間程度やらせていただきます」

編集部

「ライフデザインセミナーとは、どのようなものなのでしょうか?」

久保田さん

「『異性とのコミュニケーション能力の向上』や『結婚生活の良さ』などをテーマに1時間程度セミナーをします。ただ、その後は民間の婚活パーティーとほとんど同じですね。最初に全員との自己紹介タイムがありまして……」

編集部

「俗に言うお見合い回転寿司みたいなやつですか?」

久保田さん

「そうですね。だいたい参加者は男女20人ずつくらいなので、一人あたり2〜3分ずつ全員と話していただきます。その後はグループになっていただき、何らかの作業をしながらのコミュニケーションです。

たとえば、前回は3つのテーブルに分かれてみんなでスイーツを作っていただきました。パーティーの途中で印象の良かった異性を運営に伝えていただいて……参加者の皆さんは『自分が誰に気に入られているのか』がわかります。

その後フリータイムなども挟み、最後に告白タイムという流れですね」

狭山市のHPやSNSで情報チェックしよう

スマホを見る女性

人口減少対策のためのイベントであるとか、パーティー前にセミナーがあるとか聞いてしまうと、堅苦しさを感じてしまう人もいるかもしれません。しかし、実際に行っているのは、結婚のための出会いの場であり一般的な婚活パーティーのようです。一番の特徴は、市が提供しているイベントであるため、他の多くの出会いの場よりも安心できそうという点でしょうか。

また、狭山市の婚活イベント情報は主に広報紙に掲載されているため、広報紙を見た親に勧められて参加する方も多いそうです。

市の運営のため低料金という点も魅力でしょう。婚活イベントへの参加費は、男女ともに3,000円。この安さは、さすが市の運営といったところです。

編集部

「今年……2019年も婚活イベントは開催されますよね」

久保田さん

「そうですね。まだ詳細は決まっていませんが、10月から12月の間に開催する予定です。興味をお持ちの方は広報紙や、市の公式ホームページやFacebook、Twitterをチェックしていただければと思います」

市役所と大学がコラボする届け出挙式

編集部

「狭山市には、婚活イベントの他にも『届け出挙式』というものがあるとお聞きしました」

久保田さん

「はい。市内に、狭山市と連携協定を結んでいる西武文理大学があり、サービス経営学部の学生の多くは、ホテルや結婚式場への就職を希望していることから、その学生達や市内にある結婚式場とコラボして市役所での挙式を行っています」

編集部

「今後の婚活支援事業の予定を教えてください」

久保田さん

「婚活イベントは今後も続けていきますが、今年の4月からSAITAMA出会いサポートセンター運営協議会に参加して、『恋たま』への登録者を増やすプロモーションも行っていきます」

この後、久保田さんから恋たまに関してもいろいろお聞きしました。

簡単に恋たまの魅力を伝えると、低料金でパートナーエージェントのマッチングシステムが使用でき、通常の結婚相談所のような活動ができる点です。最大のメリットである料金設定は、通常で登録料金が2年間で15,000円(狭山市にお住まいの方は10,800円)。登録料金以外のお金は基本的には発生しません。

と、恋たまについても詳しく語りたいのですが……以前の記事とかなり重複しますので、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

⇒【取材レポ】埼玉県が官民連携により運営する婚活事業SAITAMA出会いサポートセンター「恋たま」

お近くの自治体でも婚活サービスがあるかも

安くて安全な婚活支援事業を利用しないのはもったいない!

最近は、今回取材させていただいた狭山市のように、市や県が婚活をサポートしてくれるサービスも増えてきました。市や県が提供する婚活サービスを利用するメリットは、安くて安全という点でしょう。

民間事業とは違い大々的に広告を出しているわけではないので、知らない方も多いのかもしれません。しかし、今回紹介した狭山市に限らず、お近くの地域や自治体が安くて安全な婚活サービスを提供している可能性は充分にあるでしょう。一度、調べてみることをおすすめします。

The post 埼玉県狭山市の婚活事業を取材しました appeared first on まりおねっと.