シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

地味な男VSチャラい男!意外な将来性があるのはコッチだった

「派手な男性とお付き合いするのも考え物だけど、真面目すぎる男性と付き合っていても面白くなさそう」

ひたすら真面目な男性と、派手目の男性、あなたはどちらが好みですか?

今回は『Menjoy!』が500人の女性を対象に実施した「派手な男性・チャラい男性とのお付き合いについて」(協力:クリエイティブジャパン『ボイスノート』)の調査をもとに、地味で真面目な男とチャラい男、それぞれの印象と実態についてみていきたいと思います。

 

■好感度ではやっぱり“真面目な男性”が圧勝!

調査の中で「チャラい男と真面目な男性、どちらが好ましいですか?」という質問を行ったところ、「地味な男性・真面目な男性」が好ましいと回答した女性が89%。

そして「派手な男性・チャラい男性」が好ましいと答えた女性が11%と、「少し地味だけど真面目な男性を選ぶ」という女性が圧倒的でした。

確かに恋愛関係においては「誠実さ」というのがとても大事になってきます。ましてやお付き合いが続いて、いつかは結婚……なんて想像を膨らませれば、冴えないかもしれないけど真面目な男性を選ぶという選択も当たり前なのかもしれません。

 

■でも真面目な男は社会的に成功しない?

「長く付き合うのなら、真面目な人が一番だと思う」

「真面目な人は、面白みがないとしても、無難。付き合っていくうちに楽しい雰囲気になると思う」

「地味な男性・真面目な男性」が好ましいと答えた女性の多くは、やはりその誠実さや将来性を評価して判断を下しているようでした。

同時に「チャラい人に何のメリットも感じない」、「チャラい人は中身がなさそう」など、チャラい男性に対して辛辣な言葉を投げかけている人も多く見られました。

地味だけど真面目な男性が「将来性」というポイントで支持を集める一方で、「派手な男性・チャラい男性」が好ましいと回答した女性の中には「世の中、真面目すぎると、どうしても馬鹿を見ることが多い」と、真面目男の将来性に意義を唱える人が見受けられました。

「真面目に越したことはないし、素晴らしいことですが、地味でまじめすぎる場合、あまり周りのことをよく知らず、何かあったときに何をするかわからないところがある」と、あまりにも真面目過ぎる男性は世間を知らないことが多く、かえって損をすることが多いのではないかという指摘がありました。

 

確かに世間で成功している人の多くは、真面目というよりも、少しくだけた態度で世の中に接している人が多いような気もしますよね。

「英雄色を好む」と言いますが、やはり男というのは真面目過ぎてもダメ、少しくらいはフランクに物事を考えられるタイプのほうが社会でも成功するのかもしれません。

 

【画像】

By Romain Toornier