シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

喘ぎ声についてのまとめ!女性の喘ぎ声に対する男たちの本音とアリナシ例

1:そもそも喘ぎ声の「喘ぎ」の意味は?

まずは喘ぎ声の意味を調べるべく、辞書を引いてみましょう。

あえぎ‐ごえ

苦しそうに息をする際に漏れ出る声。

(出典:デジタル大辞泉/小学館)

これ自体はエッチな意味はないのですね。ちなみに「喘ぐ」の意味は、

あえ・ぐ

1 苦しそうに、せわしく呼吸する。息を切らす。「急な坂を―・ぎながら登る」

2 重圧や貧困などに苦しみ悩む。「不況に―・ぐ」

(出典:デジタル大辞泉/小学館)

となります。この「苦しそうに」「漏れ出る」というあたりが、エッチの際、押し殺しながらも発してしまう声に例えられ、その意味が強くなったと推測されます。

 

2:あなたはどのタイプ?喘ぎ声の種類

まずは『Menjoy!』過去記事「出してあげる?男がマジで興奮した“女のHなあえぎ声”4つ」からご紹介。映像の世界は別として、なかなか他人の喘ぎ声をリアルに聞く機会というのはなかなかないものです。では、喘ぎ声にはどんな種類があるのか、見ていきましょう。

(1)ハスキーボイス系の喘ぎ声

男性が興奮する喘ぎ声の代表格とも言えるのが、ハスキーボイスの喘ぎ声。かすれたような声からも、我を忘れてエッチに夢中になっている様子が見てとれて、男性もさらに盛り上がるでしょう。

また、熟女好きの男性としては、ドスの効いたハスキーボイスに魅力を感じる人も多い様子。見た目は若い女性がそんな声を出したなら、そのギャップにやられて興奮すること間違いナシ。

(2)甲高い声系の喘ぎ声

普段の話し声よりも、アニメっぽい幼さを帯びるために、その分、エロい感じがします。快感に身を委ねている雰囲気も出せるでしょう

甲高い声といわれても、なかなかイメージしづらい人もいるかもしれませんが、簡単に言うと、鼻をつまみながら出した声が、鼻にかかるような甲高い声です。

エッチのときに鼻をつまむわけにいきませんが、鼻で声を出すように意識してみると、自然に甲高い声は出てきます。

(3)「アンアン」系の喘ぎ声

男性に攻められるたび、短くかわいく反応するのがこのタイプ。エッチな動画などで女優さんが出しているのを見たことがある人もいるのではないでしょうか。ちょっとわざとらしさも感じるような喘ぎ声です。

この「わざとらしさ」がポイント。演技っぽいのはイヤだと思う男性がいる反面、そこにエロスを感じる人もいるようです。

(4)猫なで声系の喘ぎ声

普段、男勝りの性格が出てしまったり、ボーイッシュな魅力をもつ女性であれば、ちょっと甘ったるいような猫なで声がおすすめです。

エッチという勝負のときにこそ、女の子らしさをアピール! 特に独占欲の強い男性であれば、”エッチのときにしか聞けない甘い声”はありがたいもの。興奮度は倍増するでしょう。

猫なで声は、セリフを入れたほうがエッチさが増すので、「もっと」や「気持ちいい」といった感想を交えると、よりセクシーさは際立ちます。

 

3:エッチがもっと楽しくなる!男を悩殺する喘ぎ声4つ

続いては『Menjoy!』過去記事「もっと声が聴きたい…と思わせる!最高にエロい喘ぎ声5つ」からご紹介。聴覚から彼をもっともっと興奮させ、いつも以上にセックスが楽しくなること間違いナシとなる、最高にエロい喘ぎ方をお教えします!

(1)最初は小さく驚いたように

最初から大きな声で喘ぐのはちょっと不自然なもの。セックスが男女の秘めた物語だとすれば、序章は静かに始まったほうが盛り上がりますよね。

軽く指が触れただけでも、小さく声を発するようなリアクションを取りましょう。「まだ受け入れる覚悟ができていないの……」という雰囲気で、エッチに対する恥じらいがあることを表しましょう。

(2)不意に漏れてしまう吐息

徐々に互いに恥じらいをなくし、感じていることを喘ぎ声にのせて伝えましょう。

ポイントは、ずっと喘ぎっぱなしではなく、不意に声を漏らすこと。少しずつ吐息を漏らすようにして、自分が本当に感じる場所に近づくにつれて、声を大きくしていくのがいいですね。

(3)欲しがるように求めて……

いよいよ盛り上がりの準備ができたなら、物語は山場を迎えます。ここで、彼を思いっきり求めましょう。

相手のことを欲しがるような喘ぎ声に加えて、名前を呼んだり感情を表したり……。最初は抵抗していたのに、自ら求め出すという、男性にとって興奮するシチュエーションに持ち込みましょう。

(4)恥ずかしがらず喘ぐ

ここからはクライマックス。とにかく大胆に喘いでみましょう。難しいことは考えずに、感じるがままに喘ぎましょう。腰を動かすタイミングで強弱をつけるとさらにいいですね。奥を突かれれば突かれるほど大声をあげてみてください。

ここで見せる、最初の恥じらいとのギャップ感が、彼をやみつきにさせるのです。

 

4:ドン引き!思わず萎ちゃうNGな喘ぎ声3つ

さらに続いては『Menjoy!』過去記事「ヤバ…出ちゃった!? 男子がすぐダメになるNG喘ぎ声3つ」からご紹介。エッチの現場で男子が出会った、思わず萎えちゃう個性的な喘ぎ声を、体験談を交えて語ってもらいました。

(1)キュッ、キュッ

「キュッ、キュッって、ずっと言っている子がいました。かなりの高音で、『少年アシベ』のゴマちゃんの鳴き声というか、自転車のタイヤに空気を入れているときみたいな音なんですよね。あまりも変わっているので、それが途中から気になっちゃって。

変なくしゃみをするコっているじゃないですが。くしゃみだったら一瞬だから気にならないけど、それがエッチの途中ずっとなので……」(26歳男性)

(2)ヒギィィィ!

「“ヒギィィィ!”とリアルに言った子がいて、それにはちょっとドン引きしちゃいました。エッチな漫画では文字として読んだことのある喘ぎ声だったけど、実際に声に出して言われると、ちょっと……。

エッチの途中も、端々にわざとらしさがあった感じもするので、演技だったんじゃないかなぁと今となっては思いますね」(31歳男性)

(3)オウ、イエス!

「帰国子女の子だったんですけど、喘ぎ声が“オウ、イエス!”と欧米風でした。不意をつかれたというか、ちょっと元気がなくなっちゃいましたね。

確か、そんなにネイティブな子じゃなかった気もしていて……。普段の会話もカタカナ語まじりだったり、そういうウソっぽいところがある子だとは思っていたし、僕的にはそういう性格も含めてアリだったんですが……」(25歳男性)

 

5:せっかくならもっと盛り上げたい!喘ぎ声を出すテクニック3つ

最後は『Menjoy!』過去記事「おぉ最高…!男がエッチの時にメッチャ耳で興奮するあえぎ声3つ」からご紹介。余裕があれば、喘ぎ声をただ自然に出すよりも、いろいろなテクニックを織り交ぜながら出せば、さらにお互いの興奮度はアップ。参考にできそうなテクニックを抜粋しました。

(1)なるべく感情は前面に

「気持ちよくなったときの泣きそうな表情が好き」という男性も多いもの。つい愛情があふれて感情が高ぶるという人であれば、喘ぎ声もその感情の赴くままに出してみるのもひとつのテクニック。

特に、泣きそうになる姿を見るのが好きな男性も多いです。意地悪な感じがしますが、本能を揺さぶるのかもしれません。

(2)普段とは反対の声を出す

男性たちはエッチをしているときに、普段の彼女と違う声を聞けると燃えると言います。普段の声が高めなら、ちょっと低めに喘ぎ、普段の声が低めなら、少し高めの声をだしてみる……。

そんな工夫が、ギャップ効果が生んでくれます。

(3)単調にならないように

男性たちに話を聞くと、ずっと同じ喘ぎ声ばかりだと飽きてしまうという意見が聞かれました。単調さを防ぐためには、喘ぎ声にセリフを混ぜてみるのが得策。

普段は口にしないようなエッチな言葉をあなたの口から聞けたら、彼は大興奮してくれるかもしれませんよ。

 

6:まとめ

「男は視覚で興奮する」なんてよく言われますが、普段はボーッとしている男性だって、セックスの間は五感を研ぎ澄ませている場合が多いでしょう。

そうであれば、聴覚からも刺激を与えるのは、よりよいエッチを楽しむためのひと工夫。無意識でしか喘ぎ声を出していない、という人も多いとは思いますが、ちょっと意識してバリエーションをもたせてみるのも有効なのです。