シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

周囲からも一目置かれる存在に…“デキる女”のマイルール5つ

働き女子たるものお仕事シーンではしっかり仕事をこなし、周囲からも一目置かれる存在になりたいと思いませんか? そのためにはもちろんモチベーションが大事ですが、日頃からの習慣づけで理想に近づいてゆくことができます。今回はそんな“デキる女”のマイルールをご紹介しましょう!

“デキる女”たちのマイルール

(1)いつもより1時間早く起きて1日のスタートを快適に過ごす

朝活と言われるように、仕事のできる人はみな早朝時間を有効に活用しています。朝すっきり目が覚めれば、仕事に対しても前向きな気持ちで立ち向かってゆけるでしょう。ゆっくりおいしいコーヒーやお茶を淹れる、ヨガや瞑想に励む、静かに読書をするなど1日を気持ちよくスタートできる自分だけの“儀式”を見つけ、実践してみてください。

(2)先延ばししていいことなんかない! アイデアがあればとにかく始めてみる

せっかくいいアイデアや“これをやってみよう”という気持ちになっても、明日からでいいや、なんて思ってしまうと、もうそれっきりになってしまいます。先送りしてしまうのはルーズな人間の本性。だからこそ思い立った時にすぐ行動に移してみるのです。最初から完璧になんてできないし、思った通りにはいかないかもしれません。
でもそれでも始めてみることが大切、だって全てはそこから始まるのですから。

(3)自分にとって疲労感や集中力低下の原因となるものをリストアップし、生活から取り除いてゆく

SNSやネットショッピングなど、つい気になって見てしまったり、あるいは同僚とのゴシップ話で時間をつぶしてしまったり、というのは気が散ってしまうし、集中力の低下を招いてしまいます。そんな自分にとって疲労感や気が散ってしまう原因となるような要素をまずリストアップして、それを生活から取り除いてゆきましょう。
時間を無駄にせず、どれだけ効率よく働けるか、集中力をキープできるか……自分なりの工夫が必要です。

(4)メールの返信や事務処理などは時間を決めて効率的に! その都度対応するのは時間のムダ!

メールの返信やルーティーンとなっている事務処理などはその都度対応せず、時間をあらかじめ決めて、効率的に済ましてしまいましょう。その都度対応していると、今までやっていた作業が滞ったり、集中力が分散されたりして望ましくありません。やるべきタスクを決めておき、優先度の高いものから順に対応してゆくというルールを作っておけば、時間の使い方もうまくなってゆくはずです。

(5)散らかった環境は大敵! 身のまわりやデスク周辺はいつもすっきり片づけておく

仕事の能力や才能は案外見えやすいものかもしれません。デスク周りがいつも散らかっていて、いつも何か探しているような人はきっと時間をうまく使えていないし、効率も良くないでしょう。反対に言えば、身のまわりの整理整頓をするだけで注意力散漫にならず、仕事にも集中しやすくなるというものです。
他人からも目につきやすいことですし、周囲の整理整頓は日頃から最も意識してやっておくべきことと言えます。