シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

告白って何?「好きなひとができたら」ゼッタイにすべきこととは…

もし好きなひとができたら……。告白は、自分からするほうですか? それとも、相手からされたいですか?

きっと、多くの女性が、男性から告白されたいとおもっているでしょう。

じっさい、保険クリニックがおこなった調査でも、女性の9割は相手からされたいと考えていることがあきらかになっています。

これは、いってみれば告白に関して受け身なひとが女性には多いということ。つまり、自分から告白すれば、ライバルに先駆けて彼をゲットできるかもしれないんです。

そこで今回は、女性の告白事情とあわせて、告白を成功させる秘訣を紹介したいとおもいます。

 

告白は自分からしたい? それとも相手からされたい?

調査によれば、告白を自分からしたい派は8.8%、相手からされたい派は90.2%と、圧倒的に相手からされたい派が多いことがわかりました。

それぞれの理由として、自分からしたい派は「待っていてうじうじ考えるより、あたって砕けたほうが良い」「成就するにしても、断られるにしても、すっきりするから」「その人が好きだから」「自分の意志で恋愛したい」。

相手からされたい派は「自分からは勇気がいる、勇気がない」「失恋するのが恐いから」「求められる方が幸せだと思う」というのがあげられています。

 

告白したときの手段

ちなみに、告白したときの手段はなにかというとダントツで「直接会って」が1位という結果に。次いで、「手紙」や「電話」が続きます。

ただし世代別にみると、20歳代では、第1位が「直接会って」と「メール」で、この年代だけが手紙よりメールで告白をしたひとが多くいることがわかりました。

 

■告白を成功させる秘訣

失恋するのが恐いからという理由で、自分から告白できない女性がいるわけですが、では告白を成功させる秘訣というのはないんでしょうか。

『Menjoy!』の過去記事によれば、告白するときに、「好きです」とだけいうよりも、相手のことがどれくらい大事かを伝えたほうがいいとされています。

また、知り合ってから告白までの期間について、成功率は3か月未満が81%と最も高く、6か月以上12か月未満で46%と最も低いという結果があきらかになっています。

つまり、告白までの期間が長ければ長いほど、成功率は低くなるんです。

 

いかがですか。好きなひとができたら、待っているのではなく即行動というのが、告白には大事なんです。そしてそのときには、相手のことがどれくらい大事かをちゃんと伝えてくださいね。

 

【参考】

※ ラブレター(恋文)についてのWEBアンケート – 保険クリニック

※ 告白の豆知識!「女からするなら●カ月以内」男は●カ月は考える – Menjoy!

※ 男は女の「あなたがすべて」との告白に弱いことが明らかに – Menjoy!