シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

吉原遊郭秘伝のワザ!男を虜にする「禁断のオフェロテク」大公開

簡単に男を虜にしてしまうそんなテクニックがあったらいいですよね?

そこで元吉原の風俗店経営者の王馬社長に、マル秘のフェロモンテクニックをお聞きしました。吉原で秘伝として伝える禁断の男を虜にするしぐさから、身の振る舞い、目線を使ったテクニックまで、たっぷり教えてもらいましたので、こっそり皆様に伝授しちゃいますよ。

なんでも入店する新人さんにこのテクニックを伝授する業界の未公開テクニックだそう。

その中でも一般的な女性にも使えるものをピックアップしてみましました。

 

■1:目を見て目をそらしてまた見る

目を使うテクニックが幾つかあるのですが、王馬さんによると「相手の目を一度みてお話をして恥ずかしそうに目線をずらして、また目を見る」と効果的。

男性は清楚な女性を好む傾向があるので、恥ずかしそうにするほうがウケるそうです。

 

■2:男が自然と愛したい女に求める色は?

ここでは、色を使った心理学ですが男は女性に対してまず暖色系の色で暖かい母親のイメージを見出します。その中でもピンク色がとくにおすすめです。

実は男性は“ピンク”を身につけた女性を見るとその女性を守ってあげたい、愛おしいと無意識に潜在意識が思うという説もあるのです。

人間が胎児の頃にお母さんのお腹のなかにいた時、お腹の中の色が“ピンク”であることからでしょうか? ヒプノセラピーでもお母さんのお腹の中のイメージを表すときにこの“ピンク”を使います。

よく、風水やパワーストーンなのでも恋愛運をあげるのは鉄板に“ピンク”と言われている理由は人間の心理からくるのでしょうねえ。ぜひお試しください。

 

■3:別れ際に必ず振り返る、最後まで見届ける!

彼氏との別れ際に「バイバイ~!」と言ったあとに後ろを向き、もう一度、振り返ってみてください。

実は「人間は本当に好きな人と別れ際に、このようにもう一度振り返る行動を無意識にする」そうなのです。

逆に送り出す側になった時は、相手が見えなくなるまで見送ってください。

好きな相手の場合は人は一度振り返る習性があるので、その時に、まだ見送っているあなたがいる姿とさっさとそっぽを向いている姿では相手に与えるイメージが変わりますよね。

 

いかがですか? 吉原遊郭秘伝のマル秘のオフェロテクニック。

もしかしたら江戸時代から代々吉原に受け継がれているような歴史があるテクニックの可能性もありますよ。

王馬さんいわく、「吉原には1,000人以上の女性が働いている。男が求める最後の砦が初めから手に入れられる世界、男はハンター気質であり、簡単に手にはいるものには魅力を感じないものである、さらなる別の魅力がないとお客様はリピートにつながらない」そうです。

研究に研究を積み重ねたテクニックなんですね。みなさまもぜひ、使ってみてください!

 

【取材協力】

※ 王馬 豊・・・浅草の吉原にあるソープランドの老舗である某有名店の雇われ社長を経験。吉原には30年以上勤め、数々の売れっ子を育てあげた教育係りでもあった。現在は引退し、別のビジネスを営んでいる。

 

【画像】

Svitlana Sokolova/Shutterstock