シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

反則技!オトコが今すぐ会いたがる「LINEプロフ写真」コツ3つ

LINEのプロフィール写真、あなたはどんなものを設定していますか?

スマホ画面はパソコンに比べて小さいので、全身写真だと「いったい、コレ誰!?」と人物の見分けがつかないことも。

恋の始まりを予感させる連絡ツールとしても大活躍のLINE。プロフィール写真はやっぱり、実物より盛りたい!というのが、女ゴコロなのではないでしょうか?

そこで、ルミネクスの発表をもとに、オトコがすぐに会いたくなる、反則技のLINEプロフィール写真を撮るコツを3つ、お伝えします。

 

■1:自然光の下

ちょっと前には、人工光を多めに用いて光を散らすような“色白風”写真も流行りましたが、盛れる写真を撮るコツは、自然光、つまり太陽光の下で撮ること。

実際、人工の光は暗い印象や顔色が悪く仕上がることも多いので、ピーカン晴れの日に撮った写真のほうが、顔も生き生きと映るはずです。

健康的な表情の女性は、いつの時代も男性から人気が高いですよね。

 

■2:正面以外から

「下のアングルからが好きでよく撮ってます」、「斜め上でアゴを引く!」などの声にもあるように、プロフィール写真を盛るコツは、正面以外からのアングルで撮影するのがコツ。

真正面からの写真は潔いといえばそうなのですが、実際よりも顔が大きく見えてしまったり、凹凸が少ない“ノッペリ顏”になってしまったりすることもあるので、“盛る”写真からは程遠くなってしまいます。

また、伏し目に映るアングルからの写真も、女性らしい印象に仕上がり、盛り効果バツグンです。

 

■3:パーツ撮り

プロフィール写真だからといって、顔が全部入っている必要はないんです!

ズバリ「鼻から下を隠すと盛れる!」、「おでこの半分から上を切り取ると小顔効果」というコメントもあるように、顔の一部を“あえて”写さないプロフィール写真にするのも、盛りテクとして使えるよう。

人は“隠されると見たくなる”生き物なので、顔の一部を隠すことによって、オトコを「顔が見たい……今すぐ会いたい!」とウズウズさせる効果も期待できそうです。

 

いかがでしょうか?

LINEのプロフィール写真は、メッセージをやりとりしていないときにも彼のスマホにばっちり表示されちゃうので、印象がいいショットを選びたいですよね。

こんな盛りテクを駆使した写真にさりげなく変えて、気になる彼をスマホ画面でキュンキュンさせちゃいましょう。

 

【参考】

※ 自撮り&スタイルUPの撮り方の裏ワザについて – ルミネクス