シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

友達から恋人になるのは難しい? 男友達の彼女になりづらい理由4つ

最初は恋愛対象外だった男友達に、いつの間にか恋をしていた……そんな経験をしたことのある女子は多いはず。
しかしその恋が成就した女子は案外少ないのでは? そこで今回は、男友達の彼女になりづらい理由をご紹介したいと思います。

1. 女として見てもらえない

男の人にとっての女友達は「女」よりも「友達」としての感覚が強いもの。男の人は「付き合いたい」と思う女の人に対して、もれなく「エッチしたい」という感情がついてくるので、女友達という立場はかなり致命的です。
どれだけ友達として好きだとしても、どれだけ人として信頼していたとしても、「女」として見られない以上、友達から恋人に格上げされるのはちょっと難しいかもしれません。

2. お互いを知り過ぎている

友達の期間が長ければ長いほど、お互いがお互いのことをよく知っていますよね。女子は知れば知るほど相手を好きになっていくという感情をもっていますが、男の人は違います。男の人は相手を知れば知るほど興味が薄れていってしまうのです。
自分の本性を見せない小悪魔女子やぶりっ子女子がモテるのは、そういった男心をうまく利用しているからこそ。
「カレのことをよく知っている」という女友達の特権は、男心をあまりくすぐりません。男の人にとって恋は「相手を知りたい」という欲求から始まるもので、お互いを知り過ぎていることは逆にマイナスになってしまいます。

3. ドキドキしない

男の人って、女子が思っている以上に「恋の始まり」を大切にするところがあります。つまり、ドキドキしない女友達を恋人にするという考え自体もっていない、ということです。
女子はドキドキよりも安心感を重視する場合がありますが、「追いかけたい」という本能をそなえている男の人にとって、安心感はさほど重要ではないんですよね。
男の人は「ドキドキがなければ恋じゃない」というふうに判断してしまう場合が多くあります。

4. そもそも最初から「友達」

男の人は相手を一度入れたカテゴリーから他のカテゴリーに入れ直すことをほとんどしません。男同士の絆が固いといわれるのはそういった男の人ならではの性質があるからこそ。
つまり、最初に「女友達」というカテゴリーに入ってしまった時点で「恋人」へのカテゴリーに移ることはあまりないということ。
せつないですが、「女友達」として信頼されればされるほど、恋人へ変わるハードルは高くなってしまいます。

まとめ

いかがでしたか? 男の人は案外シビアなので、どれだけ友達としてあなたを大切に思っていたとしても、その気持ちは恋人を大切にする気持ちとは全く別の感情であって、決して延長線上にはありません。
変に期待したりねばったりするよりも、新しい出会いを探したほうが早いかもしれないので、ある程度の見極めは大切かも。女友達から恋人になるのは、なかなか難しいようです……。