シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

半年でBカップからFカップに!美乳研究家に聞いたNG習慣

「胸の大きさは遺伝」「今さら何をしても変わらない」と諦めて、バストケアをおろそかにしているそこのあなた! もったいないですよ。
LBRではライターとして活躍してくれている美乳研究家のMACOさんは、なんと! 半年でBカップからFカップへのバストアップを実現しました。
今回はそんなMACOさんに、日常生活でついやってしまいがちなNG習慣を聞いてきましたよ。今のあなたの胸は遺伝ではなく、生活習慣が作り出しているかもしれません。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■寝る時にブラは必要?不必要?

– 日常生活の中で胸が小さくなったり、垂れてしまう原因となるNG行動を教えてください。

MACOさん:家でのノーブラや寝る時のノーブラはよくないですね。胸がダラ〜っと流れてしまっている状態で形状記憶されてしまいますよ。

– え! やはり、形状記憶ってされるものなのですか?

MACOさん:されますされます! だって睡眠中は特に、成長ホルモンが分泌されて、筋肉も皮膚も生まれ変わってるんだから。

– 確かに…。でも、寝ている時にブラを付けて寝るのは良くないという説も聞きますが、その辺りはどうなのでしょうか?

MACOさん:確かに、締め付けてしまうものは、リンパの流れや血流が悪くなってしまうのでよくありません。寝る時は、寝るとき専用のもので優しくホールドしてください。

■カップ付きのキャミソールは胸の形を崩す

MACOさん:ちなみに、カップ付きのキャミソールやベアトップもだめですよ!  形状記憶のことを考えると、ベアトップは胸を押しつぶしてしまうし、カップ付きキャミソールはブラジャーではないので、胸をホールドする力が弱いため、胸の形がキレイにならず、ハミ肉が形状記憶されてしまうこともありますよ。

– 胸が小さい人の中には、あれで十分だという方も多いように感じますが。

MACOさん:胸が小さいと垂れないと思っている人も多いようですが、小さい人でも垂れますよ! 胸の大きさ関係なく、きちんと形を整えてくれるブラジャーをつけましょう。

■スポーツのときは1mmも揺らすべからず!

– 今のところ、NG行動のほとんどをしてしまっています…。他に日常生活で気をつけるべきことはありますか?

MACOさん:ダイエットで運動をしている女性が多いと思うのですが、スポーツ中は1mmも胸を揺らさないようにしてください。

– 1mmもですか!?

MACOさん:それくらいの心意気でいてほしいです。普段胸を押さえつけることはオススメしませんが、スポーツをするときは別。しっかりとホールドして揺らさないものをつけてください。
インストラクターをやっている時代はスポブラを二重三重にしてつけていました。それくらい、スポーツ中に胸を動かしてしまうことはよくないのですよ!

 

NG習慣に心当たりはありませんでしたか? 美乳を作るのは日々の正しいケアのようです。できるところから少しずつ美乳習慣を始めてみましょう。

そして「NG習慣はまだまだあります!」と話してくれたMACOさんが「2週間でおっぱいがグングン育つ! うっとり美乳塾」(主婦と生活社)を発売しました。お話いただいた話も含め、美乳作りに関する知識がぎゅっと詰まっています。漫画で楽しく、わかりやすく解説してくれるので、とても読みやすいですよ。ぜひこちらもチェックしてくださいね!

(LBR編集部)

これが正解!バストアップする腕立て伏せの正しいやり方

ブルーデーを「デトックス期間」に!生理10日前から摂るべき食べ物4つ

【参考】
※2週間でおっぱいがグングン育つ!うっとり美乳塾 – 主婦と生活社