シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

北斗・川島ショックに負けない…!働き女子の「がん予防」日々の秘訣4つ

最近、人気タレントの北斗晶さんが乳がんに罹患して手術を受けたことが明らかになりました。また、女優の川島なお美さんが胆管がんで急死し、「えっ、がんってそんなに身近なの……!?」と驚いた人も多いのではないでしょうか?

がんは致死率も高く、完全な治療法もまだない恐ろしい病気。だからこそ、一番大事なのは予防です。

そこで今回は、海外の健康系情報サイト『Reader’s Digest』などの記事から、忙しい働き女子でも、生活習慣や食生活に気をつけることでできる“がん予防方法”をご紹介しましょう!

 

■1:日光を浴びる

体内の細胞同士のコミュニケーションを助け、メンテナンスをしてくれる大事な栄養素が“ビタミンD”。

食品からの摂取が難しい栄養素ですが、1日20分ほど日光を浴びるだけで、必要摂取量の9割が体内に生成されるそうです。太陽の光を浴びないとすぐ不足してしまうので、早朝外でエクササイズする、休憩時間に外に出るなどして、短い間でいいので太陽の光を浴びるようにしましょう。

ビタミンDには、がん細胞繁殖を防ぐ役割があるそうですよ!

 

■2:定期的に立ち上がる

オフィスワークだと、1日中座って仕事をしていることがほとんど。でも、1日中座っているままだと、結腸がんや子宮体がんの罹患率がアップするそうです。オフィスワークに従事している場合はなるべく定期的に立ち上がって歩き回ったり、体を伸ばしたりしてみましょう。

 

■3:赤ワインを1日1杯

『BizLady』の過去記事「アラフォー働き女子こそ注目!“毎晩1杯の赤ワイン”が美容と健康にいい理由」でお伝えしましたが、赤ワインには抗酸化物質“レスベラトロール”が多く含まれます。

毎日1杯の赤ワインで、卵巣がん罹患確率が50%減少したという研究もあるそうですよ! ただし、アルコールの飲みすぎは禁物です。

 

■4:がんを予防する食品を食べる

赤身肉や高脂肪食品はほどほどにして、野菜や果物をもっと多く摂りましょう。中でも、ブロッコリーやケール、カリフラワーなどアブラナ科の野菜はがん予防効果が高いそうです。他にも、オメガ3脂肪酸が多く含まれるクルミや鮭なども予防効果が高いそうですよ!

 

■5:エクササイズをする

「忙しくて時間ない……」などと言わず、基礎代謝を上げて引き締まった体を手に入れるためにも、毎日30分程度のエクササイズをしましょう。ウォーキングなどカンタンなエクササイズをするだけで、乳がんやすい臓がんの罹患リスクが劇的に減少するとのこと。

一駅前で電車を降りて会社まで歩くだけでも、立派なエクササイズですよ!

 

以上、生活習慣や食生活に気をつけることでできる“がん予防方法”をご紹介しましたが、いかがでしょうか?

このように、生活にちょっとした工夫をするだけで、がんの予防効果がアップするそうです。今からできることを始めて、将来の健康の基礎を作りましょう。

 

あわせて読みたい