シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

勘違い多数「化粧水つけて即保湿」はNG!逆効果なスキンケア3つ

乾燥が気になるこの季節は、シワ予防のためにもお肌を保湿することが大切ですよね。皆さん、化粧水をバシャバシャつければそれでよし!と思っていませんか?

そこで今回は美容ライターである筆者が、保湿どころか逆効果な化粧水のNGな使い方を3つお話したいと思います。

 

NG1:顔をパンパン強く叩いている

化粧水はパッティングが重要。あなたは化粧水を肌に叩きこむときに、本当に手でパンパンと顔を強く叩いていませんか?

これ、実はめちゃくちゃお肌によくないのです。肌の色素沈着は摩擦からきます。手で強く顔を叩いてしまうと摩擦が強すぎて、顔にシミができちゃうことも。

化粧水はコットンや手にとり“優しく”肌になじませ、最後にハンドプレスで化粧水を肌に押し込んであげて。

 

NG2:化粧水をつけた直後に保湿剤をつける

朝はとっても忙しいもの。化粧水を付けた直後に乳液などの保湿クリームや保湿剤をつけていませんか? 化粧水をゆっくり肌になじませた後は、化粧水が肌に浸透するまで数分放置しましょう。

まだ化粧水が表皮に残っているヌルヌルの状態で、保湿剤をつけてしまうと化粧水と保湿剤が肌の上で混ざってしまい、きちんと保湿ができません。うるうる肌を実現するには、焦りは禁物。

水分配合が多い化粧水を肌にじっくり浸透させてから、油分が入っている乳液やクリームなどで肌にフタをしましょう。

化粧水を塗布後に放置しすぎると肌がまた乾燥するので、肌の表面が潤った状態のうちにクリームをつけてあげて。

 

NG3:化粧水だけをつけている

保湿力高めのしっとりとした化粧水は、確かにそれだけでも十分乾燥対策になりそう。でも、この季節は、やはり保湿剤に含まれた油分で肌にフタをしてあげたほうが安心です。

特に、シワが気になる箇所には、乳液やクリームなどをつけて十分保湿をしましょう。肌が乾燥すると肌のバリア機能が低下し、シワ以外の肌荒れやシミの原因にもなるので気をつけて。

 

化粧水の付け方でお肌の保湿力に違いが出てきます。化粧水をバシャバシャ使っているのに肌が乾燥気味という方は、化粧水の使い方を見直してみませんか?

 

【おすすめ記事(PR)】