シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

別居したいけどお金がない……別居したい人の理由と「お金がないから別居できない」問題の解決策

1:別居したい……

「別居したい!でもできない……」と頭をよぎったことのある既婚者は、周囲を見ても意外と少なくない感覚があります。

(1)別居したいけどできない理由は「お金がない」から?

2万人を対象に実施した『離婚に関する調査2016』(リクルートブライダル総研 調べ)によると、「配偶者との別居・離婚を考えたことがある」人の割合は、42.9%(「少し考えたことがある」26.0%「本気で考えたことがある」16.9%)にも達していていました。

そして、真剣に別居を考えたものの「できないの理由」として一般的に多いのが、「お金がない」「子供への影響」などです。

(2)「別居したいけど離婚はしたくない」という人も…その理由は?

世間には、別居の先に離婚を考えている人がいる一方で、「別居はしたいけど、離婚はしたくない」という人も散見されます。

その理由としてあげられることが多いものには、「子供のため」「世間体のため」「親族や家族のため」「生活(お金)のため」などがあります。

 

2:もう別居したい!妻や夫が別居したくなる理由5つ

ここでは「もう別居したい!」と真剣に考えたことのある人たちからお聞きしたエピソードをもとに、ありがちな「別居したくなる理由」を5つお届けします。

(1)「意思疎通が図れない」(33歳男性)

「今、妻と別居中です。理由は、意思の疎通が図れなくなったからです。

別居直前の自分たちは、もはや相手を思いやる余裕もなく、“ただの同居人”って感じでした。

子供もいなかったし、このまま一緒に暮らしているより互いに新しい道を選んだほうがいいんじゃないかと思い、僕から別居を切り出しました。

離婚の話もしていますが、条件がまとまらず苦戦中です」

(2)「相手が浮気したから」(34歳女性)

「私が別居をしている理由は、夫の浮気です。

発覚直後は関係の修復も試みたんですが、私のほうが、夫をどうしても生理的に受け付けなくなりました。

子供への影響を考え、離婚は避けたい方針ですが、私に好きな人ができたらどうなるか、自信がありません」

(3)「同居していた姑が原因です」(38歳女性)

「同居していた姑からのイジメや嫌がらせがひどすぎて、私のメンタルがボロボロになり、別居に踏み切りました。

姑との同居を通じて夫のマザコンも発覚し、今、夫への信頼も揺らいでいます」

(4)「愛がなくなくなりました」(37歳男性)

「すでに妻への愛がなくなったのが、別居の最大の理由です。

キッカケは特になく、結婚生活における積み重ねですね。

愛を感じない結婚生活に虚しさを覚え、別れたほうがいいと思って……。離婚前提の別居中です」

(5)「夫の暴力、モラハラです」(36歳女性)

「夫はモラハラ気質で、カッとなると手をあげるタイプ。

頑張って耐えて一緒にいましたが、私の気持ちが限界を迎え、家を出ました」

 

3:「別居したいけどお金がない」というときにすべきこと・できること5つ

さて「別居したいけど、お金がない」は、過去に市議をしていた筆者のもとにも多数寄せられてきた相談です。

そこで「別居したいけどお金がない」というときに、すべきこととできることを5つご紹介します。

(1)自治体の窓口に相談する

「夫のDVから逃げたい」など、身に迫っている危険があって別居を考えているときには、お金の有無に関わらず、自治体の窓口が頼りになります。

暴力がひどい場合には、一時的にシェルターにかくまってもらうなど、現実的な対処をアドバイスしてもらえるので、本格的な別居への糸口が見つかりやすいです。

(2)とりあえず実家に帰る

「お金がないけれど、別居したい」なときに、まず頼るべき場所は実家。

事情があって実家に身を寄せられないケースもあるでしょうが、まずは相談してみる価値はあると言えるでしょう。やはり親ですから。

(2)兄妹、親友に相談する

親以外で、いざというときに頼りになるのが、兄妹や親友です。

「身近な人には相談しにくい」とためらう人も少なくありません。しかし、身近な人だからこそ、必要な費用を工面してくれたり配偶者のもとから逃げられる場所を提供してくれる可能性も高いのです。

(4)話し合って相手に出て行ってもらう

「別居したい!」という思いを配偶者に伝えて徹底的に話し合うのも、現実的に別居するためには有効な方法。

「それなら、こっちが出て行く」と言ってくれれば、いまの住まいにそのまま住み続けながら、別居を実行することも可能です。

(5)まずは最低限のお金を貯める

「別居したい」と思ったら、どんな理由があるにせよ、別居に必要なお金を貯めておくことも大事です。

誰かを頼るアテがあるにせよ、“おんぶに抱っこ”というわけにはいかないケースも多いため、貯められるだけ貯めておくほうが、なにかと心強いです。

 

4:「別居したい」は勢いだけでは後悔する

「別居したい!」が頭によぎる人は決して少なくはなく、別居が離婚に繋がっている夫婦も多い実情があります。

しかし、勢いだけで別居し、後悔に至っている人も珍しくありません。「別居後にどうしたいのか」自分なりの答えを見つけてから踏み切ったほうが、後悔は少なくなると言えるでしょう。

 

【参考】

離婚に関する調査2016 – ブライダル総研