シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

初対面でされると一発で「アウト!」と思ってしまうこと【女性編】

見た目はタイプで好印象だったけれど、彼と話しているうちに「この人苦手かも……」と思ってしまうことってありませんか? 初対面での印象が悪いと、どんなにデートに誘ってもらえても、もう会う気にはなれないでしょう。そこで今回は「初対面でされると一発で『アウト!』と思ってしまうこと」について、女性陣にリサーチしてみました。

1. タメ口

・「最初だけ敬語で、途中からタメ口に変えてくる男性が苦手です。なんか『この子ならタメ口でオッケーだな』と勝手に判断された気になります」(20代/飲食)

・「初対面なのに『なんで彼氏ができないの?』と笑いながら言われたときはカチンときた」(30代/経理)

▽ 何度か会っているうちにタメ口になるのであれば、全然問題ないでしょう。しかし初対面にもかかわらず、タメ口で接してくる人は馴れ馴れしい印象に。まだお互い何も知らないのに、見た目だけで上下関係を決めつけられた気分になってしまいます。話の内容によっては「これって舐められているの?」と思う場合も……。

2. ボディタッチ

・「初対面でベタベタ触ってくる人は本当にムリ! その場では我慢するけれど、二度とLINEも返信しない」(20代/受付)

▽ 会話中にどさくさに紛れて、ボディタッチを入れ込んでくる男性。本人的には自然にできたつもりなのでしょうが、女性陣はしっかりチェックしています。「彼氏でもないのに勝手に触ってくるなんて気持ち悪いな」と思ってしまうのです。次回また彼と会ってしまったら、さらにボディタッチがエスカレートしそう。だからこそ初対面で「アウト!」と判断するのでしょう。

3. 下ネタ

・「飲みの席で、ずーっと下ネタを言ってる男性っていますよね。しかもなぜか女子の反応を見てニヤニヤしてる。こっちが気まずい顔をしているのは下ネタが恥ずかしいからじゃなくて、下ネタを喜んで話すあんたが恥ずかしいからだよ!」(30代/医療系)

▽ たまに下ネタのオンパレードの飲み会に当たってしまうことってありますよね。仲のいい男友達であれば笑って許せますが、初対面となるとそうはいきません。「ただのスケベ男じゃん」と思って終了です。「この人は女性をエロい目でしか見ていないんだな」と判断するのです。

4. 自慢話ばかり

・「仕事や人脈自慢、武勇伝など……。とにかく自慢話ばかりの人。作り笑いでごまかすけど、内心『つまらない。時間のムダだわ~』と思って聞いている」(20代/一般事務)

▽ 初対面だからこそ「自慢話ばっかりじゃん!」と下手にツッコめないですもんね。カッコいい自分をアピールしたい気持ちもわかりますが、どう考えても逆効果。たとえ彼が本当にデキる人だとしても、一気に魅力が半減。単純に彼と会っても楽しくないので、次はないなと思ってしまいます。