シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

分泌量はアラサーが最大?「おりもの」…友達にも聞けない素朴な疑問

下着につくとイヤだし臭いだって気になる……。そんな女性の悩み“おりもの”。女性の体を守るために大切な働きをしているのにも関わらず、私たちはあまり“おりもの”のことを知らないのかもしれません。

女性ホルモンと密接な関係があるおりものは、生理周期とともに量も状態も変わっていくもので、そんなおりものの変化を知っておけば、自分の体の変化も事前に予測ができるようになります。

そこで今回は、おりものに関する素朴な疑問について考えてみましょう。

 

おりものって何?

おりものの正体は、子宮頸管から出る粘液のほか膣の分泌液が混じったものです。おりものによって膣内は弱酸性に保たれており、雑菌が侵入するのを防ぎ子宮を守る役目があります。また排卵期になると精子がスムーズに移動できるように、受精を助けるサポートもしています。

 

生理周期による分泌の変化

おりものの量は生理周期にあわせて増えたり減ったりします。生理が終了すると徐々におりものの量が増えていき、排卵期に最も分泌量が多くなり透明なゼリー状になります。排卵が終わると、少しずつおりものが減り、粘り気のある状態になっていきます。

妊娠を希望しているなら、基礎体温などで排卵期を予測すると同時に、おりものの状態をチェックすることで排卵がいつ起こるか予想できます。

 

年齢による分泌の変化

初潮を迎えてから10代くらいの間は、女性ホルモンの分泌があまり安定していないため、おりものも増えたり減ったりとなりがち。それが20代、30代になり生理周期が安定してくると、女性ホルモンの分泌もピークを迎えるため、おりものの量も最も多くなります。

やがて年齢とともに女性ホルモンの分泌が減ってくると、おりものの量もそれに比例して減っていきます。

 

体調による分泌の変化

小さなストレスや体調の変化で生理のタイミングがずれるように、おりものも体や心のわずかな変化に影響を受けます。風邪や病気のときは体の抵抗力が落ちてしまっているため、デリケートゾーンが炎症を起こしてしまう可能性があります。

 

おりものの量や臭いについては、個人差があるものです。もしも何かおかしいと思ったことがあれば、勝手に自己判断をせず、すぐに医師に相談するようにしてくださいね。

 

【参考】