シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

分かってはいるけど…焦りすぎも禁物!妥協婚のメリットデメリット

「顔はイマイチだけど結婚しちゃった」。久々の女子会で会った友達がさりげなくしてくる近況報告。それを聞いて、「ケッ妥協しやがって」と心の中でつぶやく独り身のアナタ。

結婚に妥協はしたくはないと思っているものの、周囲が結婚しているのを見ると焦ってしまいますよね。

そこで今日は妥協婚のメリットとデメリットを『Menjoy!』の過去記事などを参考にしながら見ていきましょう。

 

■妥協婚している人が7割

そもそも世の既婚者はどの程度、妥協婚を選んでいるのでしょうか。

NTTドコモのアンケートサイト「みんなの声」が既婚者8,901人を対象に「結婚は妥協したかどうか?」という質問をしたところ、7割近くの人が「妥協して選んだ相手」と回答しています。ちなみに20~30代の女性に絞って「どこを妥協したか」という質問に対しては、“顔”を挙げたそうです。

多くの方々は、ある程度妥協をすることによって結婚を叶えている様子がうかがえます。

 

■80%の理想で妥協する人は半数以上

では、どの程度妥協しているのでしょうか。『Menjoy!』過去記事「ここで手を打つべき!? “妥協”こそ結婚最短ルートと判明」の記事では、既婚者205名を対象にした調査結果をご紹介しています。

その結果、結婚相手が「80%理想の相手」だった方が半数以上となったことが分かっています。

同記事では「100%理想の相手」と結婚した方は2割程度しかおらず、容姿や経済力、価値観どれかを目をつぶることで、無事に結婚を迎えられるという女性が多くを占めていることがわかります。

ここまできて「分かってはいるけどあきらめられない……」そう思う気持ちも分かります。

しかしながら、半数以上の女性が80%の理想で妥協をし、結婚をして“一生独身”にならずに済んでいるのであれば、アナタも妥協してみるのも悪くはないのでしょうか。

 

■妥協婚のデメリット

とはいえ妥協婚が全て良い訳ではありません。

『Menjoy!』過去記事「ハイスペック男性でもダメ!離婚カウンセラーが教える“妥協婚”の落とし穴」によると、とりわけハイスペックな男性と妥協婚すると良くない結果が待っていることが分かっています。

ハイスペックな男性はお金をきちんと管理したがる方が多いそうで、買い物をする際にはレシートを確認し、きっちりその分だけお金を渡すというドケチだったりすることもあるそうです。

またそのような男性は妻を無能扱いする“モラハラ”男であるケースも多いとのこと。決してスペックが高いからといって妥協婚を選んでしまうのは、思わぬ落とし穴に引っかかる可能性があるのです。

 

いかがでしたか? 妥協婚は婚期を早めてくれるメリットもありますが、性格の面を妥協してしまうと、思わぬ落とし穴もあることが分かったのではないでしょうか。焦るばかりで肝心なところで妥協してしまうことは避けてくださいね!

 

【参考】