シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

出会ったことある?「最高に相性の良いオトコ」を超える相手とは

みなさんは、いままで最高に“相性の良い”男性に出会ったことがありますか?

女友達からは、「そうかなぁ〜?」とはいわれるけど、最高にかっこよくて、会えばいつも最高の宴。

腹の底から笑いあって、太陽のような微笑みをみると、「いつまでもこうしていられたら」と思える。

そんな男性と出会って、そして離れてしまったことはありますか?

今回は、最高に相性の良かった男性との離別後、次にそれを超える男性が現れる可能性について、恋愛コラムニストのナナミ・ブルボンヌさんにお聞きしました。

 

■1:彼も、若い時間も、戻ってこない……

「はじめから身も蓋もないことをいいますが、若い頃に出会ったそのような最高に相性の良い男性と出会うことは二度とないでしょう。どうぞ、あなたの中でベスト・オブ・ベストの、よき思い出として、心に秘めておいてください。

なぜならば、そのときの若かったあなたはもういないからです。

いくつかの出会いと別れを経験するなかで、そのような最高の男性との別れまで経験してしまい、酸いも甘いも知ったいま、同様の素敵な男性が現れたとしても、同様のレベルでときめくことはないですね。

でも、それがあなたの人生。たとえば、もし、それが5年前の20歳の夏の話であれば、現実的に戻ることはないですが、5年前の同じ時間、同じ場所には、いつでも2人はそこにいて、輝いているのです。この事実は永遠に変わることはありません」

 

■2:同様の経験をもつ2人が起こすケミストリー

「同じようなときめきは経験できませんが、大人の恋がこれからあなたを待っています。

あなたと同様の、酸いも甘いも知った経験をした大人の男性が、きっとどこかにいるのです。

そういった恋愛経験が同レベルの男性と知り合って、お互いに同じ言葉で語り合えたとき、若い頃のときめきとはちょっと違うものの、また素晴らしい恋の感覚をあなたは取り戻すでしょう。

その彼には、あなたと同じように、心に秘めた“昔の忘れえぬ恋人”がいるでしょうから、嫉妬してしまうかもしれません。

相手もしかり、あなたの昔の恋人に嫉妬するでしょう。しかし、その嫉妬がなにを意味するのか、お互いに深いレベルで理解できるのです」

 

いかがでしたか。

「もう恋なんてできないかも……」なんて思ってしまうような悲しい失恋もありますが、いつか心が癒えたら、また新しいひととの新しい関係を楽しもうとしてみるのもいいかもしれませんね。

 

【取材協力】

※ ナナミ・ブルボンヌ・・・元No.1キャバ嬢のライター。スポーツ新聞などでライターをつとめる傍ら、ネットショップでレディースウェアやコスメも取り扱っている。著書『キャバ嬢とヤれる極意』も絶賛発売中。現在も勉強のためキャバクラに勤務中。

 

【画像】
kiuikson / Shutterstock