シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

出会い系で結婚なんてありえる?親はどう思う?出会い系で結婚の真実

1:出会い系で結婚ってアリ?

出会い系での結婚って、実際にはどうなんでしょうか。マッチングサービス『ハッピーメール』を運営する、「株式会社アイベック」が、出会い系・マッチングサービスをきっかけとした結婚に対する意識調査を2017年に実施しました。

それによると、子世代(18歳〜34歳)では37.2%の人が、親世代(35歳〜69歳)では40.6%の人が、「出会い系・マッチングサービスでの結婚に、抵抗がない」という回答をしています。

10人に4人の割合で、出会い系での結婚に抵抗がないというところに、時代の変化を感じますね。また、子世代よりも親世代の理解のほうが高いというのも意外な結果ではないでしょうか。

 

2:出会い系で結婚したいなら…注意すべきポイント

(1)サクラじゃないかどうか

まずはサービスを利用するにあたっての注意点です。出会い系やマッチングアプリの中には、サクラがいることもあります。

サクラとは、出会うことを目的としている一般のユーザーとは違い、その一般のユーザーに課金させたり、有料会員登録を誘導することを目的とした業者のことです。

サクラかどうかを見分ける方法は、プロフィール写真とメッセージの内容に注目してください。芸能人並みのルックス(中には、本当に芸能人の写真を、あたかも自分の写真のように掲載している場合もあります)や、メッセージを始めて間もないのに、積極的すぎるアプローチをしてくる場合には、サクラかもしれません。

また、「この人、怪しいな……」と思ったら、「失礼ですが、サクラじゃないですよね?」とストレートに質問しましょう。相手が出会いを求めている、一般のユーザーであれば、サクラと思われないため、必死にそれを否定してくれるはずです。

(2)サービスの運営元

使うアプリやサービスは、慎重に選びましょう。中には悪質なサービスもあり、サクラばっかりで出会いがないだけでなく、個人情報を抜かれてしまうこともあるとか……。

信頼できるアプリかどうかの判断基準としては、SNSと連動しているかどうかや、名前を耳にしたことがあるような大手の会社が運営元であるかどうかといったポイントを確認すると良いでしょう。運営方針のチェックや口コミも重要です。

(3)ヤリモクじゃないかどうか

ヤリモクとは、身体目当ての男性のことを指します。こういった輩は、ただ出会ってエッチがしたいだけなので、婚活をするつもりであればまったくの時間の無駄です。

ヤリモクの男性は、言葉巧みにアプローチしてきます。確実に見抜くのは難しいのですが、判断基準になるのが、メッセージの内容です。下ネタが多い人や、エッチやキスの経験を執拗に聞いてくる人は、どんなにイケメンでも距離を置きましょう。また、いきなり今すぐに会いたいと連絡してきたり、終電間際などの遅い時間に会おうと言ってきたりする男も要注意です。

もし、どうしても会ってみたい場合には、人がたくさんいる場所で会ってください。ドライブや個室のカラオケなどは絶対に避けましょう。密室でふたりきりになるのは、ヤリモクにとってはこの上ないシチュエーションだからです。

(4)既婚者かどうか

既婚者の登録は、規約で禁止されていることもありますが、だいたいは自己申告制。そのため、一定数、既婚者男性が利用しているケースがあります。

結婚していることを隠して出会い系やアプリを利用して、女性と会う。完全に男性が悪いのですが、妻に慰謝料を請求されたり不倫に陥ってしまったりなど、トラブルに巻き込まれる恐れがあります。

また、離婚歴を隠す、というパターンもよく聞かれます。気にしない人であればいいのですが、もしも抵抗がある場合、ちゃんと真実をつかんでおく必要があります。

既婚者かどうかを見抜く方法としておすすめなのが、一緒に写真を撮っても大丈夫かどうか、聞いてみることです。

最近では、写真やLINEのやりとりがSNSに投稿され、拡散されてしまうことがあります。浮気や不倫がSNSを通じてバレてしまうことも。

そんな背景からか、やましいことがある人は、ツーショットを避けようとします。「もし写真を妻に見られたら……」という不安が頭をよぎるのでしょう。

(5)ハイスペック過ぎる男性は、まず疑う

「この人、いくらでも出会いありそうなのに、なんで出会い系をやっているんだろう?」といった疑問を感じさせるほどのハイスペックな男性には、要注意です。結婚詐欺をはじめ、よくわからない商材や仮想通貨、不動産やスピリチュアルなアイテムを買わされるいった金銭トラブルに遭う可能性があります。

スペックが高いセールスマンが出会い系アプリを利用して女性を釣るビジネスもあるので、「こんなハイスペックな人がなんで利用しているんだろう……」と思ったら、浮かれる前に疑いましょう。

(6)相性や価値観は、しつこいくらい念入りに確認

もちろん、ちゃんとした人もたくさん登録しているので、無事にお付き合いできたり、結婚を前提に付き合ってもいいかな、と思える人に出会うこともあります。

その際、相性や価値観などが合うかどうかは、大事な問題です。子供は何人欲しいのか、共働きがいいのか、妻には家庭に入ってほしいのか。家庭に対する考えや価値観は、人によって異なります。

生涯一緒に暮らしていくうえで、自分が心地よく感じる生活が送れるのか、またその将来像を理解してくれる相手なのかは、お付き合いを深めていく中で、しっかり確認しておきましょう。

特に出会い系で知り合う相手は、通っていた学校も職場も別で、生い立ちやバックグラウンドがほとんどわかりません。どんな考え方や価値観を持っているのか、困らせない程度に質問攻めをして、念入りに確認しましょう。

(7)家のこと

結婚は、当人だけでなく、お互いの家族も含めたお話となります。本人のことだけではなく、家族のことまでしっかり確認しておきましょう。

ただし家族に関して、いきなりあれこれ聞いてしまうと、男性はちょっと引いてしまいがちです。実際に会ってから、仲良くなっていくうちに、自然な会話の流れで掘り下げていくと良いでしょう。

 

3:女子に聞いた出会い系婚活の真実エピソード6つ

(1)マッチングアプリで結婚しました!

「私、某大手のマッチングアプリで出会った男性と結婚しました! アプリを使い始めて、最初は抵抗があったのですが、たくさんの男性からアプローチされるのが嬉しくて、だんだんハマっていきました(笑)。

最終的に、同時に8人の男性とメッセージをしつつ、順番にデートをしていきました。

それほど男性経験が多くなかった私ですが、アプリを使ってたくさんの男性と会うことで、いい男性と悪い男性の区別ができるようになった気がします。

今の旦那と初めて会ったときには、“この人、いいかも!”っていう、なんていうか、ピンとくる感じがして。恋愛に関してド素人だった私が、直感でいい男を見抜ける日がくるなんて、自分でもびっくり!

ひとつ、旦那の悪いところを言ってもいいなら、アプリに登録している写真よりも、若干ブサイクでした(笑)。初対面で思わず、“写真、けっこう盛ってましたよね”って言っちゃった。そんな私の失言を笑い飛ばしてくれた性格の良さも、結婚の決め手です。

まだ結婚してから半年しか経っていませんが、毎日楽しい新婚生活を送っています」(Sさん・28歳/サービス業)

(2)自分のペースで絶賛婚活中

「3年半付き合っていた彼氏と別れたとき、ヤケクソになって、勢いでマッチングアプリを使い始めました。きっかけはそんなでしたが、今は本腰入れてアプリで婚活しています。

アプリ以外にも、友達から合コンに誘われたり、まったく出会いのチャンスがないってわけじゃないんです。でも合コンって、わざわざ時間つくらなきゃいけないなくてめんどくさいし、お酒も苦手なので、正直あんまり馴染めないんですよね。

あと、友達から婚活パーティーに誘われたけど、敷居が高そうだし、パーティー用の服とかメイクがめんどくさくて……。

でも、アプリなら隙間時間でできるし、とっても気楽。ずぼらな私には最高なんですよ。

今、メッセージをやり取りしている人の中にいい感じの人がいるので、“このまま付き合って、結婚できたらいいなあ〜”なんて思ってます」(Yさん・26歳/大学事務)

(3)婚活アプリで、ヤリモクに遭遇

「この前アプリで出会った男が、ヤリモクでした。幸いなことに、私はギリギリで回避できたんですが、女性たちが被害に遭わないよう、ここで告発させてください!

お酒飲んだあとカラオケに行って、“距離が近すぎるしボディタッチが多いな”っていう違和感があったんですが、触り方が上品というか、いやらしくない。そのせいか、触られているんだけど、紳士的っていうイメージがずっと抜けなくて。

で、カラオケ屋さんを出てから、自然とホテル街に向かうルートを進んでいって……そこで気づきました。あ、この男、かなり慣れているなと(笑)。おそらく彼は、アプリでたくさんの女性に同じ手を使っているんだと思います。

女性のみなさん、本当に気をつけてください。どんなに信用できそうな相手でも、すぐに油断しちゃダメ」(Hさん・24歳/アパレル)

(4)マザコン彼にがっかり

「アプリで出会って、付き合っている人がいます。結婚を前提に付き合っていて、同棲もしているんですが、最近、彼がマザコンだということが判明して、かなり悩んでいます。

見た目も性格も悪くないんですよ。ただ、マザコンっていう大きなマイナスポイントのせいで、現実世界ではいい縁がなかったんだろうな、それでアプリで出会いを探しているんだろうなってわかって……。

私の彼氏みたいな、“いい男だけど、ひとつ大きなマイナスポイントがある”っていう、クセのある人もマッチングアプリにはけっこういます。そのマイナスポイントが自分の許容範囲を越えなければいいけど、私にとってマザコンは正直無理です。

またアプリを使って別の人を探そうかな……とか思っちゃっています」(Kさん・25歳/事務職)

(5)「どこで知り合ったの?」をうまく乗り越える工夫

「今の主人とは、アプリで出会いました。アプリがきっかけで知り合ったことを知っているのは、両親と私の親友だけ。ほかの知人や友達には、その親友の紹介で知り合ったっていう設定にしています。

結婚して1年近く経つので、最近はあまり聞かれることはありませんが、付き合ったばかりのときとか、結婚報告をしたときに、“どこで知り合ったの?”って質問されるのが、けっこうつらかったです。

そういう付き合ったきっかけを質問攻めされる以外は、特に何も気になったことはありませんでしたね。今では普通のありふれた夫婦です」(Sさん・27歳/公務員)

(6)彼の親は知りません

「私の両親はとても柔軟なので、今の主人とアプリで出会ったという話をしても、“今はそういう時代なんだね”とか、“昔でいう、ペンパル(注※文通相手・ペンフレンド)で結婚したみたいなもんでしょ”なんて言ってくれます(笑)。

でも、彼のご両親はけっこうお堅めなので、出会いのきっかけは秘密。後ろめたい気持ちにもなりますが、私と主人、そして彼の両親みんなが幸せでいられるなら、必要な嘘なんだなって言い聞かせています」(Aさん・29歳/歯科衛生士)

 

4:出会い系で結婚はアリ。でも、注意も必要

時代とともに、出会いのかたちは変わり、出会い系で結婚する人も多くなりました。でも、ネットでの出会いには、いつでも油断は禁物です。誠実な人かどうか確認してから交際をし、結婚するようにしましょう。

 

【参考】

株式会社アイベック「親世代40.6%が出会い系・マッチングサービスで結婚“抵抗ない”」