シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

処女では出会えない!初めての恋人が「運命の相手」ではない理由

長い眠りから目覚めたお姫様は、自分を目覚めさせてくれた王子様と末永く暮らしました……。

ああ、なんて“運命的な出会い”なんだろうと憧れを持った女性は多いと思います。

しかし現実は非情なり! 実際にはなんと、「初めての恋人が“運命の相手”ではない」と調査で発覚しているのです!

一体どういうことなのか。過去の『Menjoy!』記事を参考に、調査内容をご紹介していきますね。

 

■5番目の恋人が“運命の相手”になる!?

イギリスのニュースサイト『MailOnline』が、男女2,000人を対象におこなった“長続きする恋愛の要因”に関する調査したところ、ほとんどの男女が5人目の恋人で落ち着いていたことがわかりました。

心理学者コリーヌ・スイート氏によると、相手を“運命の人”だと確信を持って言うには、5人ぐらいと付き合い、数多の恋愛経験を経て自分が何を求めているのかわかる必要があるからだそうです。

 

■“運命の相手”にはガッツが無ければ出会えない!

海外ファッション誌『GLAMOUR』ウェブ版の記事では、すでに運命の人と出会った2,000人のイギリス人を対象にアンケート調査が行われました。

調査結果の女性編によると、“運命の相手”と出会うまでには以下の様な恋愛を経たようです。

(1)15人とキス

(2)長期間の恋愛を2回

(3)2回の失恋

(4)短い交際7回に加えて、紹介で行ったデート2回とインターネットで出会った人とのデートが2回

(5)最悪のデート4回

(6)すっぽかされたデート1回

(7)同棲1回

(8)一夜限りの関係4回

(9)7人の性的パートナー

(10)遠距離恋愛1回

(11)浮気する側、される側を1回ずつ経験

 

これらの結果からわかるのは、「“運命の相手”とはそう簡単に出会えない」ということです。

確かに目と目が会った瞬間にゴールインしていたら素敵ですけど、そんなことは滅多に無いと心がけ、ガッツを持って色んな恋愛経験を重ねていってくださいね!

 

【画像】
Photographee.eu / Shutterstock