シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

冬の便秘は冷えが原因!?腸を温める朝食レシピ

随分と冷え込むようになってきましたね。とくに、冬は外気温の寒さから体温が上がらないため、手足などの末端の冷えだけでなく、身体が芯から冷えて、胃の痛みや、便秘など胃腸の不調を感じる方も多いのではないでしょうか? 便秘外来で有名な松生クリニックの松生医師によれば、外気温と室内温の差が10度以上になると腸の不調を感じる人が約3倍になるのだそうです。

そこで、冬の胃腸を温めて、朝のスッキリをサポートする朝食レシピを3つご紹介します。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■寒くなると便秘になりやすいのはナゼ?

私たちの身体は、深部体温が37度台で正常に働くようになっているため、冷えによって深部体温が下がってしまうと、腸の働きが緩慢になり、ガスが溜まる、便秘になる、などの不調を引き起こしてしまうそうです。
とくに、冬は外気温の寒さから体温が上がりにくい季節ですから、ホカホカの朝食を食べてお腹を温めてあげましょう!

■簡単!腸温め朝食レシピ 2つ

(1)山椒とジンジャーのポリッジ

冷え取り食材の代表選手「生姜」。生の生姜を加熱・乾燥させたジンジャーパウダーは、既に蓄積された脂肪を燃焼させて、身体を内側から温める働きがあります。また、山椒にも血流をスムーズにする働きや、腸のぜん動運動を促す働きがあり、生姜と一緒に摂ることで相乗効果が得られることがわかっています。

コンソメや和風出汁でオートミールを煮込み、仕上げに、ジンジャーパウダーと山椒を振りましょう。オーツ麦に豊富に含まれる水溶性食物繊維は、腸内で善玉菌のエサとなって腸内環境を良状態に保つ作用や、次に食べる食事の糖や脂肪の吸収を穏やかにする働きもあり、便秘にもダイエットにも◎


(2)ホットフルーツヨーグルト

朝食は軽めに済ませたい方におすすめなのが、ホットフルーツヨーグルトです。
フルーツには、抗酸化作用や血管を広げる働きのあるポリフェノールが豊富に含まれています。加熱することで細胞壁が壊れ、それらの成分が吸収しやすくなるほか、柿やリンゴは、抗酸化成分などが増えることがわかっています。
また、ヨーグルトに含まれる乳酸菌は40度前後が最も活性化する温度と言われていまから、ひと肌程度に温めたヨーグルトに、トースターやフライパンで焼いたフルーツを添えて、ホットヨーグルトにすれば、腸温めのサポートに!


冷えは万病の元と言われるように、内臓が冷えることで起こる不調もあります。身体を内側から温める朝食を食べて、冷え知らずで過ごしたいですね。


(岩田 麻奈未)

美人は温かい!? 女性ホルモンを食べ物でグングン出す方法

山椒 – わかさ生活
大建中湯の肝循環動能に対する効果 – 漢方スクエア
FDAが臨床研究を行っている漢方薬 – m3.com
リンゴを皮ごと1日1個は食べよう~リンゴポリフェノール~ - 八街こどもクリニック
柿は加熱処理すると健康成分が増加する - 慶応義塾大学先端生命科学研究所(PDF)