シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

冬のカサカサ&カユカユを回避!乾燥しないお風呂の入り方

入浴中やお風呂上りに腕や足、背中などが痒くなって思わずボリボリかきたくなってしまった経験はありませんか? お風呂での乾燥肌を防ぐには、「長湯は避ける」「最後にシャワーを浴びない」「保湿は手のひらで温めてから」がカンタンだけど効果抜群な3つのポイントです。お風呂は入り方を間違えると乾燥肌を悪化させることもあるので、注意が必要ですよ。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■お風呂につかると肌が痒くなった経験はありませんか?

お風呂の中や上がった時に、手足や背中が痒くなってしまう人は誤った入浴をしている可能性が高いのだとか。
反対に、正しいお風呂の入り方をすることによって、肌にうるおいを与えることも可能なのです。簡単かつ正しいお風呂の入り方を確認してみましょう。


■乾燥肌を防ぐカンタンお風呂の入り方3つ

(1)熱いお湯はNG、ぬるめのお湯でも長湯は避けましょう

寒いからと言っても、熱すぎるお風呂はNGです。高温のお湯は皮膚の表面の皮脂を必要以上に洗い流してしまいます。しかし、ぬるめのお湯だからといって、長時間浸かることもやめましょう。皮膚がふやけるまで浸かり続けると、高温のお湯に浸かるのと同じように、肌のバリアの役目をしてくれる皮脂やセラミドが流れ出てしまいます。


(2)最後にシャワーを浴びない

保湿成分や肌荒れ防止成分が含まれている入浴剤を入れて入浴しても、最後にシャワーを浴びたり、あがり湯をしてしまったりしては、せっかくの保湿成分を洗い流してしまっているようなもの。入浴剤を肌に染み込ませるように肌を撫でながらお湯に浸かったら、そのまま出るのがおすすめです。


(3)お風呂上がりの保湿はクリームやオイルを一旦手で温めてからがベター

お風呂上がりに、何もケアをしないのはタブー中のタブー。そのまま20分も過ごせばお風呂に入る前よりも、肌の水分量が低下することもあり得ます。
上がった際には、すかさず保湿用のクリームやオイルを塗りこみましょう。さらに肌にしっかり浸透させるためには手のひらで一度温めましょう。油分がとけて馴染みがよくなるので肌への負担も減らせるはずです。その一手間が重要なのです。


簡単な工夫がお風呂タイムによる乾燥肌を、潤い肌へと変えてくれるのかもしれませんね。今日の入浴から、是非試してみてはいかがでしょうか。


(前田 紀至子)

溜まった疲れを吹き飛ばす!老廃物をデトックスする入浴剤3選

冬本番! 「カサカサお肌」をお風呂でケア – バスクリン