シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

冬の「バッキバキ肩こり」が悪化!寒い日にやりがちなNG姿勢

一歩外に足を踏み出した途端、頬を凍らせる冷風に見舞われた……。そんなとき、誰もがやってしまう“ある姿勢”。それが、女性の肩こりや冷えを悪化させる原因になっているかもしれません。

毎年寒くなると全身のコリも冷えも一段と悪化する、という方はそんな姿勢を長時間とりすぎている可能性があります。

今回は、冬ならではの姿勢とそれがもたらす体の不調についてご紹介しましょう。

 

肩をすくめる姿勢

外が予想以上に寒いと、つい肩をすくめてしまいませんか? 首の周りには太い血管が通っており、ここを冷やすと全身があっという間に冷えてしまうため、無意識のうちに首周りをガードしているのかもしれません。

しかし、肩をずっとすくめたままでは首や肩の周りの筋肉が固まったままになり、肩や首のコリだけでなく全身の血流まで悪くさせてしまいます。

 

背中を丸める姿勢

寒いときはどうしても姿勢が前かがみになり、背中を丸めてしまいます。そんな前傾姿勢は体が不安定になるため、腰に負担がかかり、腰痛を招いてしまう可能性があります。

それに背中を丸めていると腹筋や背筋をあまり使わないので、これらの筋肉がどんどん衰え、猫背が慢性化して基礎代謝も低下してしまうでしょう。

 

肩こり・冷えを予防するためには?

筋肉がこってしまうのは、長時間同じ体勢をとることに原因があります。そのため、寒さのあまり肩をすくめたり背中を丸めたりしても、それが一時的ならばあまり心配はありません。

ただそんな姿勢を長い間とり続けていると、筋肉が緊張した状態に長時間さらされるので、どんどん固くなってコリを引き起こしてしまいます。そのため、冬は特に気づいたときに首や肩を左右前後に回して、首や肩の周りの筋肉を柔軟にさせておくようにしましょう。

手袋や帽子でも防寒にはなりますが、首の周りをマフラーやストールで覆っておくことが一番体の保温効果が高いので、冷えも予防できます。

 

木枯らしが吹いたって、颯爽と姿勢よく歩いている女性は美しく見えるはずです。正しい防寒対策が、肩こりや冷え予防にもつながると自覚して、健康にこの冬を乗り切っていきたいですね。