シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

共感できる!? 女子が「オッサンっぽいな」と思う男性の言動5つ

世の中「オバさん化」ばかりが取り上げられている気がしますが、女子から見たら「オッサン化」だって気になりますよね! 素敵なオジサマならぬ、残念なオッサン……とはどんなもの?
というわけで今回は、女性たちに聞いた「オッサンっぽいと思う男性の言動」をご紹介します!

オッサンっぽい男性の言動

1. おしぼりで顔を拭く・食後に楊枝

飲食店のおしぼりでゴシゴシと顔を拭く=オッサン特有の言動という声も目立ちました。食後には「楊枝」で堂々と歯の間をお掃除……これも「デリカシーがなくてオッサンっぽい」と思う女性は少なくないようです!

「おしぼりで必ず顔をゴシゴシする人! あと楊枝でシーシーいいながら、歯を掃除する人も。まさに、オッサン言動じゃないですか? 若い男性はしないはずです」(29歳・通信会社勤務)

▽ 人前は避けて、こっそりお手洗いで顔を拭く、楊枝を使う。これができれば素敵なオジサマに近づけるのでは?

2. 髪を切ったら「もしかして失恋?」

髪を切った女性を見て「あれ? もしかして失恋したの~?」と聞いてくる。そんなセリフも「古すぎでしょ」とオッサン認定されがちに! その古いギャグセンスが、見た目年齢をグッと上げてしまうこと間違いなし?

「ロングの髪をバッサリとボブにして出社した日、上司が『もしかして失恋?』『彼氏と別れちゃった~?』とウザいからみをしてきたときに『オッサン』って思った。今どき、そんなことで髪切るやついるか!(笑)」(28歳・メーカー勤務)

▽ フラれて髪をバッサリ切るのは昭和のセンス? 言われても返しがめんどうです。

3. 若いころの「武勇伝」を語りだす

自分の若いころの「武勇伝」を自慢気に話すのもオッサンっぽいという声が! 過去の栄光を語る=今の自分はイマイチ……ということで、昔の自慢が増えれば増えるほどオッサン度が右肩上がりに……。

「聞かれてもいないのに、自分から過去の武勇伝を自慢する人。『俺が若いときはさ~』っていうセリフ自体がオッサンっぽくないですか?」(27歳・ネイリスト)

▽ あの頃はよかったな~という寂しげな目、哀愁ただようオッサンに? 若い世代がはしゃぐ姿を見て「若いな~」とつぶやくのも、一気に老けて見えるという声が。

4. 「何歳に見える?」と聞いてくる

女性に年齢を聞かれたときに「何歳に見える?」とベタな質問をしてくる男性も「オッサン」という声が目立ちました。そのベタなからみがオッサン特有……と女子たちをウンザリさせているかもしれません!

「どや顔で『いくつに見える?』って返されると、オッサンっぽい。こっちは気をつかって見た目より若い年齢を答えなくちゃってなるし……。正直、オッサン特有の返しですよね」(29歳・アパレル関連)

▽ これは女性にも当てはまりますよね。年齢を気にする妙齢以上の人は「何歳に見える?」の返しをすると、逆に老けて見られる可能性アリです!

5. オシャレした女性に「デート?」

いつもよりオシャレをした女性に、にやにやしながら「お、今日はデートか?」と茶化す言動もオッサンっぽさを感じるという声が。にやけ顔をされると、下ネタっぽくて「セクハラまがい」に聞こえたりすることも?

「いつもパンツ派ですが、スカートで出社したら『今日はデートかな?』『そのスカート、彼氏の好み?』とにやけ顔でからんでくる上司。なんでも下ネタっぽくしちゃうのが、オッサンですよね」(31歳・通信販売会社勤務)

▽ 何かと恋愛や下ネタにからめてくるあたり、オッサンっぽさを感じすにはいられない!

まとめ

こんな言動をされると「オッサンっぽいな~」とガッカリしてしまうことも? 女子のオバサン化ばかりが注目されがちですが……男性のみなさま、オッサン言動にも注意したほうがいいかもしれませんよ!