シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

優しすぎる男の特徴6つ!優しすぎる男がモテない理由と女子が嫌いなワケ

1:優しすぎる男は友達止まり?

誰にでも優しすぎる男は、誰にでも好かれているし、嫌われることも少ないですが、恋愛対象にはならないという人もいます。

それはなぜなのでしょうか? 理想の恋人の条件に「優しい人がいい」という人は多いのに、優しすぎる男が女子に嫌われる理由も含めて見ていきましょう。

 

2:優しすぎる男の特徴エピソード6つ

優しすぎる男には、どんな特徴があるのでしょうか?

(1)常に彼女任せになる

「昔付き合っていた彼氏が優しすぎる男だったんだけど、デートのプランはいつも私が行きたいところばかり。何をするにも“なんでもいいよ、君の好きなところで”が口癖。何でも優先してくれるのはうれしいけど、もう少しリードしてほしかったかも」(Aさん・25歳/会社員)

(2)いつも顔色をうかがっている

「男友達が優しすぎる男なんだけど、友達や彼女の顔色をうかがってばかり。飲み会やみんなで集まっているときに、自分の発言で友達や彼女がイライラしていないか、失礼なことを言っていないかっていうことばかりを気にしているんです。

相手のことを気遣うのは優しさだと思うけど、いつも少し不安そうなんだよね」(Cさん・24歳/会社員)

(3)どんなときもみんなに優しい

「仕事に失敗した同僚がいて、明らかにその同僚のミスなのに、ひとりだけ優しい言葉をかけたりしている男性がいて。そっとコーヒーをその人のデスクに置いて、そこに“誰にでも失敗はあるよ”ってメッセージを添えていました。

傷ついているときに心に寄り添えるのって本当に優しいから、みんなつい甘えちゃう」(Kさん・30歳/医療事務)

(4)出世欲がない

「職場の後輩は、優しすぎる男というか、出世欲がないというか……。本気出せばいいところまで出世できるはずなのに、野心家な新人にどうしたら上司に好かれるかとか、仕事のコツとかをいつでも教えてあげちゃってて。

後輩に追い抜かれても自分のことのように喜んであげるのは優しいけれど、少し頼りないかも」(Rさん・27歳/契約社員)

(5)困っている人をほうっておけない

「彼氏はとにかく優しすぎる。後輩や同僚が困っていると、お金を貸してあげたり、気前よく奢ってあげたりするんです。そんなにごちそうすることないんじゃない?って思うんだけど、誰かが困っているのを見ると、助けてあげたくなるみたい。

もう少し冷たい態度を取ってもいいと思うんだけど、それが彼のいいところでもあるから、何にも言えないんだよね。」(Eさん・31歳/会社員)

(6)謝っていることが多い

「女友達の彼氏は優しすぎる男で、いつも謝ってばかりいる。彼女がちょっと機嫌を悪くしただけで“ごめんね。怒った? 俺のせいだよね”って自分に明らかに非がないときでも謝っています。

明らかに彼女の方が悪いでしょってときでも、謝っていることばかり。もはや“ごめん”が口癖になっているみたいです」(Yさん・27歳/会社員)

 

3:つまらない?怖い?女子が優しすぎる男を嫌いな理由3つ

優しすぎる男はつまらなかったり、怖かったりという印象を受けてしまうことも。ここでは女子が優しすぎる男を嫌いな理由について見ていきます。

(1)意思や決断力がない

女子が優しすぎる男を嫌うのは、自分の意思や決断力がないように見えるから。自分の意見や将来のことに迷ったときに、男性には頼りがいのある存在でいてもらいたいと思う人もいます。

冷静に客観的な視点を持って、アドバイスをしてもらいたいと思っているのに、優柔不断な言動や他人の顔色ばかり伺う様子にがっかりしてしまうこともあるでしょう。そんなタイプの女性は、自信満々に独自のスタイルや、自分の考えを貫いている人に魅力を感じることが多いようですね。

(2)話が退屈でつまらない

優しすぎる男性は、相手に嫌われたくないと思っている人が多いので、自分の考えや行動に自信が持てません。さらに相手に好かれようと会話をしていることが多く、当たり障りのない会話になってしまいがち。なので会話の中身が薄く、面白みに欠けるのです。

他人に嫌われてもいいから、自分自身はこう感じているんだということを主張するほうが、会話の内容も独創的で楽しく感じられるのではないでしょうか。

(3)本性が見えない

優しすぎる男は相手に対して気を遣っているため、本音を押し殺して、相手のことを立てていることも多いでしょう。

しかし、それがマイナスな効果を生み出すことも。本音はどこにあるのか、本当はどんな人なのかわからないので、本性を出していないのではないかと心配にさせてしまうのです。それをときには本音が見えなくて、怖いと思ってしまう女性もいるようです。

 

4:まとめ

相手のことを常に思いやる優しすぎる男は魅力のようにも感じますが、誰にでも優しい男性は、結局誰からも味方してもらえない可能性もあります。それは、誰にでも愛想が良くて、八方美人に見えてしまうからです。

この先の人生も一緒にいたいと思えるような仲間や恋人には、自分の本音をぶつけられるような人のほうが、信頼されるかもしれませんよ。