シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

働くママのヒントに!ビジネスでも大成功「ジェシカ・アルバ」の名言5選

ジェシカ・アルバといえば、映画『ファンタスティック・フォー』にも出演するハリウッド女優として有名ですよね。

しかし、現在は推定時価総額10億ドルの起業の“経営者”として活躍するビジネスウーマンとして知られているのをご存知でしょうか?

自分自身の妊娠をきっかけに、健康と環境に配慮したグッズの必要性を感じ起業。立ち上げたブランドThe Honest Companyでは、おむつやおしりふき、ママバッグなどを扱っています。ママの間でも、彼女のママバッグはオシャレだと話題になっていたりしますよね。

そんな“働くママ”のカリスマとも言えるジェシカ・アルバ。一女優から、成功した経営者として発言にも注目が集まっています。

そこで今回は、日々の仕事に活かすことができる彼女の言葉をご紹介していきましょう。

 

■1:早く寝て早く起きた時が一番生産性が上がる

毎日を全力で過ごしているというジェシカ・アルバは、早く寝て早く起きた時が一番生産性が高いとのこと。

働くママであれば子どもの寝かしつけ時間に一緒に寝てしまい、先に起きて仕事をしている人もいたりするように、朝型の生活は一番仕事がはかどるのかもしれませんね。

 

■2:完璧であることは欠点になる

完璧であることは逆に欠点になると話しています。現在の自分自身をちゃんと受け入れる力も重要なのではないでしょうか。

とくに働くママであれば、時間は有限です。時間が限られているという現実はしっかり受け止め、どう働いていくのかを決めていかなければなりません。また、自分の不得意なことをカバーしようとするより、自分の得意なことを伸ばす努力をする方がよいのではないでしょうか。

 

■3:“正直である”と表現することが好き

会社では、“完璧に”ではなく、“正直に”と言うことが好きとのこと。素直に顧客の声や社内のメンバーの声に耳を傾けることを大事にしているそうです。

仕事においても正直に、事実を客観的に受け入れられるよう意識するとよいでしょう。

 

■4:私は自分に与えられた人生を生きる

「もっと教育を受けていればよかった」と感じることもあるようですが、自分の人生に与えられた環境で生きていくということを受け入れています。

他人の環境を羨んでいても仕方ありません。自分の環境を受け入れ、今、自分にできることをやるしかないのです。

 

■5:5年ごとに全く別の人間になっている

完全に別の人間になっていると感じることは、自分自身が成長していることの現れでもあります。これまでの社会人人生を振り返って、「あの頃とは別人のようになったな」と感じることはありますか?

仕事において、少なくとも新人だった頃と比べて、自分が成長していることを実感できるような働き方ができると、仕事にもやりがいを感じられるのではないでしょうか。

 

以上、経営者として成功したジェシカ・アルバの言葉を5つご紹介しましたが、いかがでしょうか?

12歳から仕事を始めてきたとはいえ、経営者の道は初めて。そんな難しいチャレンジをこなしてきた彼女を見ていると、自分にもできないことができるようになれるパワーをもらえるような気がしますよね。

 

あわせて読みたい