シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

働きママのストレス激減!「保育園の登園」を楽にする3つのポイント

朝、働くママの最大の難関が“保育園への登園”。まだ仕事をしていないにも関わらず、この登園に費やす時間だけでも大仕事を終えた気分になってしまいますよね。

保育園の登園にあたり、まず必要なのは“保育園へ持参する持ち物の準備”。毎日必ず必要な準備ですが、うまく進めないと朝バタバタしてしまい、結果、遅刻してしまったり、トラブルが起こってしまいます。

そこで、保育園の準備や送迎の時間をうまく使うコツについて、働くママとして3年目に入った筆者の経験から、ご紹介していきましょう。

 

■1:子ども用の常備菜を用意しておく

保育園の登園や準備を効率的に進めるために、子どものご飯を作る時間も短縮したいところ。毎日イチからご飯を作っていては、朝バタバタしてしまうため、事前に常備菜を多数準備して冷凍保存しておくのがおすすめ。冷凍しなくとも、数日程度もつものもあるので、“常備菜”のレシピを探してみてはいかがでしょうか?

冷凍していた○○をチンしてご飯と混ぜるだけ! 常備菜の××をアレと混ぜて炒めるだけ! など、できるだけ料理のステップを短縮していきましょう。うまく進めれば包丁を1度も使わず完成できます。

 

■2:保育園の着替えの収納はとにかく小分け

保育園の準備で大変な物は持っていくものが多いということ。とくに0~3歳児はオムツやエプロンが必要だったりとかさばりがち。

子どもが小さいうちは、1つの引き出しに衣類などとまとめて収納することも多いですが、引き出しの中をしっかり小分けして分類。ひと目見ればどこに何があるかを分かるようにしておきましょう。

トップス、ボトムス、エプロン、オムツなどは、1日分をセットにして収納しておいてもいいですね。

 

■3:保育園生活に必要な物は多すぎるくらいストックを

「今日3回も着替えたの!? 明日着ていく服まだ乾いてないよ……」などと、着ていく服が足りなくなってしまうこと、よくありますよね。とくに天気が悪い日や、忙しくて洗濯機を回す時間が取れないことがあると、あっという間に在庫切れ。明日の保育園に着ていく服を準備するために、深夜に洗濯機を回したり、夜寒いなか洋服を干したりと、面倒なことになってしまいます。

そこで、オススメするのは“多すぎるくらいストックを用意しておくこと”。1週間洗濯しなくても足りるくらいの量を用意しておくくらいの気持ちがベター。

ここでケチってはいけません。毎日の準備を少しでも楽にするため、「時間をお金で買った」と思って用意しましょう。もしほとんど使わないようなことがあれば、フリマなどで売ってしまうのもいいですね。

 

以上、 “保育園送迎”をちょっとでも楽にする3つのポイントをご紹介しましたが、いかがでしょうか?

毎朝のバタバタする時間は、できるだけ楽にしたいもの。ちょっとした工夫で1分でも短縮できれば、保育園から駅までダッシュすることや、自分のメイクが中途半端になったままで自宅を出るなんてことを防げるかもしれません。

ぜひ取り入れてみてくださいね。

 

あわせて読みたい