シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

倒れた数850人! 米ルイジアナ州で行われた「人間マットレスドミノ」が壮大ながらも滑稽なり

d

ドミノ牌を立てて並べ列を作り、端から牌を倒してゆく、ドミノ倒し。これを人間で行った映像が、動画サイトYouTubeに投稿されておりました。

参加したのは、米ルイジアナ州のホテル「La Quinta Inns & Suites」のスタッフたち。従業員はもちろん、オーナーにGMら経営陣までがメンバーとなり挑んだのは、「人間マットレスドミノ」!

【マットレス&人間がドミノ牌に】

1人ずつマットレスを背にして立ち、そのまま後ろに倒れてゆく。あたかも自分自身とマットレスがドミノ牌になったかのようなイメージで、倒れに倒れて、その数合計850人。2012年2月に見事、ギネス世界記録を達成したのでした。

【カーブに配置された人は大変】

縦1列に並んでいる方々はまだ余裕の表情なのですが、動画を観ていると、カーブの辺りに配置された人はなかなか大変そうであることがわかります。

【顔に当たったら、そりゃ痛いよね……】

人と人との感覚がより密接なので、顔にマットレスが当たって痛そうにしている方も。運悪くこの位置担当になってしまったのでしょうが、マットレスって重いから、きっとダメージ大きかったと思うわ……。

しかも参加したスタッフのみなさま、結構な割合で、ふくよかな方が多いし……。

【マットレスは寄付されました】

マットレスがすべて倒れるまでにかかった時間は、およそ9分半。

ちなみに、このドミノ倒しに使用されたマットレスは「Simmons(シモンズ)」製で、挑戦達成後は、すべて慈善団体に寄付されたのだそうよ。

参加者のみなさまの楽しそうな顔が印象的。きっと良い思い出となったのでしょうね。

参照元:YouTube(laquinta)
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事の動画を見る

オリジナル記事: 倒れた数850人! 米ルイジアナ州で行われた「人間マットレスドミノ」が壮大ながらも滑稽なり
Copyright© Pouch[ポーチ] / SOCIO CORPORATION. All rights reserved.

●関連記事