シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

使わなきゃ損よ!知っておきたい魅力的な「シェアリングサービス」3つ

“シェアリングエコノミー”という言葉を聞いたことはあるだろうか?

シリコンバレーを起点に、現在世界中に広がりつつあるコンセプトで、“余ったモノ”、“余った人”“余った時間”を共有し、必要なときに必要な人が利用できるようにするというものである。

昔に比べて車を所有する人が少なくなり、今はレンタカーやカーシェアリングの利用者も増えているように、なんでも自分の“モノ”として所有するのではなく、“共有”する時代がきていると言える。

働く女性としても、このようなシェアリングサービスをいくつか知っておくだけで、毎日の生活がもっとお得で便利になるだろう。今回は、そんな働く女性が知っておきたいシェアリングサービスをいくつかご紹介していこう。

 

■1:旅行はもう個人手配へ!『Airbnb』で格安旅行

『Airbnb』は、別荘や空き部屋を貸し出したい人と、格安で宿泊したい旅行者をつなぐルームシェアリングサービスで。旅行者にとっては、ホテルなどに泊まるよりも安く済ませられるだけでなく、貸し出し主との交流も楽しむことができる。

海外旅行のとき使えるサービスという印象があるかもしれないが、実は日本でも部屋を提供している人は多い。まだ法律上はグレーな部分もあるものの、チェックしておいてもいいだろう。

 

■2:簡単にお小遣い稼ぎ!『メルカリ』などのフリマアプリ

個人同士の物の売買と言えばヤフオクが定番だが、最近はフリマアプリの人気も上がっている。フリマアプリのメリットは、その場で欲しいモノを即購入でき、値下げ交渉などでさらにお得に購入できるところだ。

スマートフォンで撮影してすぐに出品も可能。いらないものを売り、掘り出し物を買う。お小遣い稼ぎにもうってつけだろう。

もしあなたにものづくり系の趣味があれば、作ったものを売ってみることもできる。

 

■3:忙しいときは“人手”も借りる!『CaSy』などの家事系サービス

忙しくて掃除が中途半端になってしまったり、どうしても子どもを少しだけみてもらいたいというときもあるだろう。そんな人のために、家事などのサポートをしてくれるサービスが急激に増えている。

家事に特化したサービス『CaSy』は1時間2,190円とかなり安く頼めるのが特徴。また、『Any+Times』というサービスでは、家事だけでなく、家具の組み立てや名刺の整理など、なんでも依頼することが可能だ。

核家族の家庭や、一人暮らしで働く女性にとって、誰かの手を借りたいと思うことは多々あるはず。知らない人に手助けしてもらうのは躊躇するかもしれないが、これからはこのようなサービスがもっと増えていくに違いない。

 

以上、働く女性なら知っておきたい“シェアリングサービス”について3つご紹介したが、いかがだろうか?

お得で便利になることはもちろん、人との関わりを通じて新しい発見をしたり、経験を積んだりできるかもしれない。このようなサービスが普及していけば、お互いが助けあう社会が実現し、そこで幸せを感じる人もきっと増えていくはず。あなたもぜひ、利用してみてはいかがだろうか?

 

【関連記事】

あわせて読みたい