シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

何が違う? いいなと思っても「声をかけづらい女性」の特徴4つ

雰囲気も見た目も素敵だけど「声をかけづらい」と思われると「出会い」「誘い」につながらず、チャンスを逃して非モテになってしまうことってありますよね?
声をかけやすいオーラがあることも恋愛シーンでは大切かもしれません。というわけで今回は男性たちに聞いた「いいなと思っても“声をかけづらい女性”の特徴」をご紹介します!

「声をかけづらい女性」の特徴

1. 口数が少なくノリが悪い

話しかけても「……はい」「ふ~ん」と口数が少ない、ノリが悪い女性は「壁あって近寄りにくい」という声が目立ちました!
相手の話にノッてくれない、仲間内の会話に参加する姿勢がないと「誘っても断られるだけだし」と敬遠されてしまうことも!?

「仲間内で話をしていてもノリが悪く、冷めた感じの女性は『声をかけづらい』ですよね。いいな~と思っていても、絶対に断られる気がして尻込みしてしまう」(31歳・メーカー勤務)

▽ クールなタイプの女性は話に乗らないこともありますが、ツンとした印象を与えてしまうこともあるようです。

2. あまり笑わない

普段、あまり笑わない人も「声をかけにくい」という意見が目立ちました。
やはりニコニコしてくれると「話しかけやすい雰囲気」があって、男女問わず声をかけたくなりますよね! 相手と話をするときはできるだけ笑顔でいれたらいいですね!

「話をしているときに笑ってくれない女性。怖いです。きっと僕のことなんか相手にしてくれないし、眼中にないんだろうなって思う」(32歳・飲食関連)

▽ 話をするときだけでも笑顔でいれば、もっと親近感がアップして「モテ」にもつながります!

3. 隙がなすぎる

隙がある女性はモテるといわれていますよね。ちょっとドジだったり、可愛げがあったり、冗談が通じる、お茶目な一面があるなど……。つまり「愛嬌」がある女性ということでしょうか?

「隙がまったくない女性は誘いにくいです。いいなと思っても、話をしてみて冗談が通じない、笑ってくれないとか。声をかけてみたくても怖くてかけられない」(34歳・飲食関連)

▽ ちょっとの「隙」を出すために、話をしているときは「笑顔」でいれたらいいですね!

4. ド直球で好きなタイプ

本気で好きなタイプの女性にも「緊張して声をかけられない」という声が!
この場合は男性側の心理状態なので、女性の特徴とは少し異なりますが……。彼が緊張している様子なら、笑顔で対応すると一歩踏み出せますよね。

「本気でタイプの女性には声をかけづらい(笑)。だってもし断られたらって思うじゃないですか。高嶺の花ですよね」(31歳・不動産関連)

▽ 女性の特徴とは違いますが、こんな心境で声をかけられない男性も非常に多いのだとか! こちらの対応次第では声をかけやすくなるはずです。

まとめ

せっかく「いいな」と思ってくれても声をかけにくいオーラがあると「無理だな」と残念な結果になってしまうこともあります。
こんな特徴に思い当たる方は、ちょっとだけ意識をしてみると、気になる彼から声をかけられやすくなるかもしれませんね。