シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

体験レッスンで挫折?初心者がやりがち「ヨガレッスン中」NG行動4つ

ヨガ初心者さんに多いのが、レッスンについていこうと無理をしてしまうこと。先生から、「マイペースに進めましょう」と言われても、なかなかそうはいきませんよね。

特に気を付けたいのが、下記のような行動。「もうヨガはこれっきり」にならないためにも、心に留めておきましょう。

 

■1:無理にポーズをとろうとする

ヨガには、体をひねったり、圧迫したり、足や腕を大きく開いたりとさまざまなポーズがあります。ヨガを始めたばかりの方にとっては、慣れないポーズばかりですよね。そこで無理をすると関節を痛めたり、気分が悪くなったりすることも。

楽に呼吸できる位置でポーズをとるようにしましょう。

 

■2:水を飲みすぎる

ホットヨガでは、たくさんの汗をかきます。レッスン中にも水を飲んで、水分を補給しましょう。

しかし、常温のヨガは、ホットヨガほど汗をかかないので、レッスン前の給水がオススメです。もちろん、レッスン中に水を飲んでも良いのですが、お腹がチャポチャポしているとポーズがとりにくくなるので、加減しながら飲んでください。

 

■3:汗を拭かない

汗で体が濡れていると、滑ってポーズがとりにくくなります。汗拭きタオルを持参し、腕や脚の汗をこまめに拭きながらレッスンをおこないましょう。

 

■4:呼吸を止める

ヨガにとって呼吸は、心身を整えるとても重要なもの。ポーズをとっているとき、つい呼吸を止めてしまうという方は、心も体もツライ状態になっていませんか?

ポーズばかりに意識が集中しないように、気を付けましょう。

 

以上、ヨガレッスン中のNG行動をお伝えしました。ヨガを長く続けるための参考にしてみてくださいね。