シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

体質・飲み方次第ではダイエット効果も!?冷たいドリンクの飲み方

身体を冷やすので、あまり良くないイメージを持たれている冷たい飲み物。実は、自分の体質に合った摂り方次第では、ダイエットに役立つかも知れないんです!

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■冷たい飲み物がダイエットのサポートになる理由

身体は体温を保つために常に熱を生産してエネルギーを消費しています。
夏は外気温と体温の差が少ないために、体温を保つためのエネルギー消費が少なくなり基礎代謝が落ちてしまいます。しかし、冷たい飲み物を飲んで一時的に身体が冷えると、体温を保つために熱を生産し、交感神経を刺激して脂肪の分解や燃焼を促す働きが期待できるのです。


■ダイエットの味方になる!?冷たい物の飲み方

(1)ミネラルの多い飲み物をチョイス

水やお茶に含まれるミネラルには、血管をしなやかに保ち血流をスムーズにし老廃物を排出する効果もあるため、冷えやむくみの改善をサポートします。体温が1度上がると基礎代謝が約12%UPすると言われていますから、ダイエットのために飲むのであれば、ミネラルウォーターかお茶がおすすめです。

(2)氷はナシで!

普段、身体の冷えが気になる方には氷の入った冷たい物を飲んでしまうと逆効果なので注意しましょう。かえって身体を冷やしてしまうことになりかねません。まずは氷抜きの、冷蔵庫で冷えた程度の温度からスタートしましょう!

(3)立て続けには飲まない

いくらエネルギー消費を促すとはいえ、立て続けに飲んでしまっては身体が冷えてしまいます。寝起きに1杯、会社に着いて1杯、仕事中のリフレッシュに1杯、などと間隔をあけて飲みましょう。


冷たい飲み物を上手に取り入れて、夏を涼しく過ごしたいですね。

(岩田麻奈未)

【参考】
おいしさと栄養成分 – エビアン
※藤田紘一郎著()「正しい水の飲み方・選び方」(海竜社)
※からだにいいこと(2015年7月号)「体温を1℃上げて健康になワザ」(祥伝社)