シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

伝説のドラマ『時効警察』が12年ぶりに復活するってよー! オダギリジョー&麻生久美子のコンビ復活にネットは歓喜の声にあふれてます

2006年に、テレビ朝日系「金曜ナイトドラマ」枠で放送。その後2007年には続篇も制作された伝説のドラマ『時効警察』が、12年ぶりに復活。『時効警察2019(仮)』と銘打った新シリーズが、今年2019年に放送されることが発表されました。

オダギリジョーさんと麻生久美子さんが一風変わった刑事役を務める『時効警察』は、 “時効成立事件” にスポットを当てた、脱力系コメディーミステリー。

オダギリさん演じる主人公の霧山修一朗(きりやま しゅういちろう)が、 “趣味” で時効になった事件を解決していくという、1話完結型のストーリーとなっています。

【どんなお話なの?】

霧山は事件を解決へと導きますが、その目的は決して、犯人を成敗することではありません

霧山はただ純粋に自分の推理が正しいことを確かめたいだけなので、真相を暴かれてしまった犯人にはいつも、 “誰にも言いませんよカード” を配布。真相については誰にも口外しないことをカードと認印で表明、犯人を安心させるところまでが、ワンセットとなっているんです。

【三日月との恋の行方にも要注目!?】

そんな霧山の助手を務めるのが、麻生さん演じる、交通課の三日月しずか

成り行きで助手を務めて以降、なんとなく “ホームズとワトソン” みたいな関係性が続いているわけなのですが、実は三日月は霧山に好意を寄せているんです。

そのため捜査をする際は、いつだってデート気分。キュートな三日月が霧山と再会してどんなやり取りを繰り広げてくれるのか、今から楽しみで仕方ありません~!

【ツイッターも歓喜に沸いています】

テレビ朝日のホームページによると、新シリーズでは、霧山が出向していたアメリカのFBIから12年ぶりに帰国。総武署の “時効管理課” に戻ってきたところから、物語がスタートするとのこと。待望の新作にTwitterには喜びの声が溢れています。

「とてもとても嬉しい!!」
「やっと来たーーーー」
「そうか、12年もたつのか。楽しみすぎる」
「よし、第1話からおさらいだ!!」
「嬉しくてさっそく復習♪」

といった具合に、すでにそわそわムード。でもその浮足立っちゃう気持ち、わかります。わかりすぎます……!

【新年早々嬉しいニュースをありがとうございまっす!】

『時効警察』はミステリーとしては本格派でありながらもシュールな小ネタが満載で、わき役を務める人物もくせ者ぞろい。当時、毎週金曜の夜を楽しみに仕事や勉強を頑張っていたという人も、少なくなかったのではないでしょうか。

かくいうわたしも、そのひとり。

放送時期はまだ確定していないようですが、視聴する際には、正座待機で参戦したいと考えております。は~~~、霧山と三日月に会えるその日が、待ち遠しくてたまらないよ~~~!

参照元:テレビ朝日Twitter検索 時効警察
執筆=田端あんじ (c)Pouch