シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

休業中ゆりやんがくれた言葉「過信はあかんけど、自信はええねんでー」

“絶世のブス”である香澄(かすみ)は、みずからの結婚を諦め、ひとのために一生懸命働くブライダルプランナー。ところがある日、イケメン課長の久世から、突然のプロポーズ! 彼は“意識の高いB専”で、香澄のブスなところに惹かれたといいます。しかも、フラワーコーディネーターの武内からも好意を寄せられ……!?

3月15日に公開された映画『Bの戦場』で、主役の香澄を演じたのは、お笑いコンビ・ガンバレルーヤのよしこさん。普段は芸人として、身体を張ったロケにも挑戦し、大活躍しています。

よしこさんと香澄の共通点は、自分の仕事に誇りを持って、力を尽くしているところ。そして、周りを愛する姿勢です。そんなふたりの姿には、きっと自身の仕事や恋に活かせるヒントが見つかるはず。ポジティブな優しさにあふれた、よしこさんのインタビュー。前後編でお届けします。

前編:香澄は“絶世のブス”だけど、どこか共感できる女の子

yoshikosan2-1

周りのサポートと“推し”のおかげで、現場を乗り切れた

——芸人として大活躍のよしこさんですが、映画の主演ははじめて。不安はありませんでしたか?

よしこ:もちろん、めちゃくちゃ不安でした! でも、周りの方が本当に温かく支えてくださったんです。並木道子監督は「月9のヒロインになったつもりで」と言ってくださって……。『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(2016年・フジテレビ系) 『突然ですが、明日結婚します』(17年・フジテレビ系)など、実際に月9の経験がある監督なので、演技指導も心強かったですね。それに速水もこみちさん、大野拓朗さん、山田真歩さんも、私がひとりで台詞をつぶやいていたら、自然に入って、一緒に練習してくださったりして。

——やさしい現場だったんですね。無事に主演を務めあげて、自信は生まれましたか。

よしこ:自信になったというよりも、みなさんとのご縁を、とてもうれしく思いました。女優さんって本当に大変なお仕事だと感じたからこそ、人に恵まれたな、って。もこみちさんと大野さんに取り合われる役だったんですけど、ふたりともかっこよくて本当に恋しちゃったから、現場に行くのも楽しかったです(笑)。

——職場に“推し”がいるって大切ですよね。

よしこ:ですよね! トキメキが溢れて止まらなくて大変でした(笑)。仕事の面でも支えていただいたし、真剣に恋もしていたから、大変な現場をなんとか乗り切れました。

SYAA6291

突然の休業を支えてくれた相方・まーちゃん

——よしこさんは昨年、病気治療のため、11~12月に1ヶ月ほど休業をされました。芸人の繁忙期で、葛藤があったかと思いますが……。

よしこ:めちゃくちゃ悩みましたね。年末は特番も多いし、女芸人のNO.1を決める『THE W』にも出られなくなるし……そのタイミングでほかの女芸人がブレイクしたら、いま私がいる場所なんてすぐになくなっちゃうんですよ。だから本当に不安だったけど、最終的には身体を優先しました。相方のまーちゃん(まひるさん)が「早めに治しなよ」って言ってくれたのも大きかったです。私が休んでいる間の大きな番組は、彼女が全部ひとりで出てくれました。

——すばらしい相方に恵まれましたね。

よしこ:私、お肌が荒れやすいから顔にぶつぶつがあって、いわゆる「ぶつぶつキャラ」でやってたんですね。なのに私が休業中に頑張りすぎたからか、まーちゃんのお肌にもぶつぶつができちゃったんです。コンビ間でキャラがかぶっちゃって、ぶつぶつトークの取り合いですよ(笑)。でも、それだけ大変な思いをしながら待っていてくれたことに、とっても感謝してます。

SYAA6295

休業中にもらったいろんな“励まし”で、プレッシャーが和らいだ

——すこし前線を離れたことで、仕事の見え方は変わりましたか。

よしこ:休業まではありがたいことに忙しくて、結果を出さなきゃっていう焦りもあったけれど、すこし休んで心に余裕ができました。たぶん、自信をなくしていた部分があったんですよね。お仕事が増えるにつれて、スベることもたくさんあるし……そんなの慣れていたはずなんだけど。やっぱり「このままで大丈夫なのかな」って感じる場面が増えていた。それが、現場を離れて客観的にテレビを見てみたら「まずは楽しくやればいいんだ」って思えました。

——打席が増えて、結果も求められるようになりはじめたからこそ、プレッシャーが強まっていたんですね。でも、お休みしたことですこし肩の力が抜けた。

よしこ:そうですね。周りの言葉にもすごく励まされました。ゆりやん(レトリィバァ)が電話で「“過信”はあかんけど“自信”はええねんでー」って言ってくれたんです。ものすごく努力しているゆりやんが言うからこそ、説得力があるんですよね。

先輩方からも、たくさん心配のご連絡をいただきました。とろサーモンの久保田さんなんて、私の連絡先を知らないはずなのに、わざわざ別の人から聞いて連絡をくれたんです。「大丈夫か? 人ごととは思えへんくてな」って……ちょっと強面ですけど、めちゃくちゃいい人なんですよ。心優しいモンスターみたいな(笑)。そういう、周りの人が心からかけてくれる言葉が、少しずつ私の自信のなさや不安を和らげていってくれました。

——映画でもお笑いでも、よしこさんの周りはとても温かいですね。それは、どうしてなんでしょう。なにか、ご自身が心がけていることはありますか?

よしこ:私、もともとはすごく恥ずかしがり屋なんです。でも、芸人ってみんなすごく素直なんですよ。イヤなことは「イヤ」、わからないことは「わからない」ってストレートに言う。そのなかにいると、私も素直に自分を出せばいいんだなと思えるようになって……いまは、わからないことがあったらなんでも聞くし、仲良くなりたい人にはうざいくらい話しかけるんです。そうやって、周りと人間関係ができていったのかもしれません。でも……。

——でも?

よしこ:結局は、周りのおかげ。私は人に恵まれているんです。そして、そう思って生きていると不思議なことに、もっと人に恵まれていく……そんなことを今とても実感しています。

全国ロードショー中

sub4_Bsen

『Bの戦場』
©ゆきた志旗/集英社 ©吉本興業
3月15日(金)全国ロードショー
配給/KATSU-do

よしこさんヘアメイク:内藤森(DEXI) 、スタイリスト:石井玲子(DEXI)
(取材・文:菅原さくら、撮影:青木勇太、編集:ウートピ編集部 安次富陽子)